NELL
  1. NELL
  2. WENELL
  3. ベッドの寝心地を改善するには?簡単にできる方法やマットレスの選び方を解説
2022.07.25

ベッドの寝心地を改善するには?簡単にできる方法やマットレスの選び方を解説

ベッドの寝心地を改善するには?簡単にできる方法やマットレスの選び方を解説

ベッドの寝心地に納得がいかなかったり悩んでいたりする方もいるかもしれません。

ベッドの寝心地を改善するためには、どのような対策が必要なのでしょうか。

また、寝心地を改善するためにマットレスを買い換える場合、どのような点に気を付けたほうが良いか把握しておきましょう。

この記事では、ベッドの寝心地に違和感を覚える原因やベッドの寝心地を改善する方法、マットレスを買い換える際の選び方などに関して説明します。

  1. ベッドの寝心地に違和感を覚える原因
  2. 体の特定の部位に体圧が集中するため
  3. マットレスがへたっているため
  4. マットレスが柔らかいため
  5. 通気性が悪いため
  6. ベッドの寝心地を改善する方法を紹介
  7. マットレスを買い換える
  8. 厚めのシーツを敷く
  9. 除湿シートやベッドパッドを使う
  10. マットレスの種類を紹介
  11. ポケットコイルマットレス
  12. ボンネルコイルマットレス
  13. ウレタンマットレス
  14. ラテックスマットレス
  15. ファイバーマットレス
  16. マットレスを買い換える場合の選び方を紹介
  17. 実際に寝て選ぶ
  18. 体圧分散性に優れているものを選ぶ
  19. 反発力が高いもしくは硬めの素材のものを選ぶ
  20. 通気性の高いものを選ぶ
  21. 買い換えるならNELLマットレスがおすすめ
  22. まとめ

ベッドの寝心地に違和感を覚える原因

ベッドの寝心地に違和感を覚える原因

ベッドで寝る場合に体を支えるのはマットレスなので、違和感の原因はマットレスにある可能性が高いです。マットレスの寝心地に違和感を覚える原因としては、主に以下の4つが考えられます。

  • 体の同じ部位に体圧が集中するため
  • マットレスがへたっているため
  • マットレスが柔らかいため
  • 通気性が悪いため

それぞれの原因に関して、詳しく説明します。

体の特定の部位に体圧が集中するため

マットレスに横たわると、マットレスに接しやすい頭、背中、腰などの部分に体圧が集中します。

反対に、マットレスに接しにくい首などには体圧がかかりにくくなります。体の特定の部位に体圧が集中すると血流が悪くなるため、凝ってしまったり痛みが生じたりする原因になり、寝心地が低下に繋がります。

マットレスがへたっているため

マットレスは使い続けると、へたりやすくなります。へたったマットレスで寝ていると寝ている時の姿勢が悪くなるため、違和感を覚得えるでしょう。

また、姿勢が悪くなることで体圧が体の一部に集中してしまうと、上述したように体に痛みが発生する可能性も考えられます。

マットレスが柔らかいため

柔らかいマットレスの場合、体が沈み込み過ぎて寝姿勢の維持が困難な場合があります。寝姿勢としては立っている時と同じ状態が理想的で、例えば仰向け寝であれば、背骨は緩やかなS字を描くような状態を維持できる姿勢が望ましいです。

柔らかいマットレスが好みの場合は、寝姿勢のことまで考慮してマットレスを選びましょう。

また、マットレスが柔らかいと寝返りが打ちづらいという問題もあります。寝返りを打つことで、体の特定の部位が圧迫されることを避けられます。寝返りが打てないと圧迫された部分の血液循環が滞り、起床時に体の一部が痛かったり、寝心地が悪いように感じたりする場合があります。

通気性が悪いため

マットレスが汗を吸収しないと、寝汗が気になって寝にくく感じる場合があります。通気性の良いマットレスは汗も乾きやすいため、寝汗のせいで寝心地が低下する可能性も低いです。

通気性が良いとカビやダニが発生しにくくなるため、寝心地の改善が期待できます。

ベッドの寝心地を改善する方法を紹介

ベッドの寝心地を改善するための方法としては、主に以下の3つが挙げられます。

  • マットレスを買い換える
  • 厚めのシーツを敷く
  • 除湿シートやベッドパッドを使う

それぞれの方法に関して、詳しく説明します。

マットレスを買い換える

マットレスがへたったり、カビが生えたりした場合、その状態から元に戻すことは難しいです。へたったりカビが生えた場合はマットレスを買い換えることをおすすめします。

厚めのシーツを敷く

マットレスが沈み込み過ぎて寝にくい場合は、厚めのシーツを敷くことがおすすめです。シーツがマットレスの柔らかさをある程度緩和してくれるため、体が沈み込み過ぎずに、寝姿勢を維持しながら眠れます。

除湿シートやベッドパッドを使う

マットレスの通気性が悪くて湿気が気になる場合は、除湿シートの使用がおすすめです。特に夏場は湿気が気になるので、除湿シートが活躍します。

マットレスの吸水性が気になるのであれば、ベッドパッドを使用してみましょう。マットレスは洗濯が難しい場合もありますが、ベッドパッドは洗えるので衛生的にもおすすめです。

マットレスの種類を紹介

マットレスには、主に以下のような種類があります。

  • ポケットコイルマットレス
  • ボンネルコイルマットレス
  • ウレタンマットレス
  • ラテックスマットレス
  • ファイバーマットレス

マットレスは種類によって寝心地が異なるため、マットレスを買い換えるならそれぞれの特徴を把握しておかなければなりません。マットレスの種類ごとの特徴に関して、以下で詳しく説明します。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスは、内部にコイルが入ったマットレスのことで、各コイルは不織布に包まれており、それぞれが独立しています。独立したコイルが「点」で体を支える構造になっているため、体圧分散性に優れています。体圧が一部のみに集中することを避けられるため、体の負担を軽減できます。

ただし、コイル数が多いほど高額になる傾向があるので、その点も念頭に置いておく必要があります。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスも、ポケットコイルマットレスと同様に内部にコイルが入っているタイプの寝具です。

ポケットコイルマットレスとの違いはコイルの形状にあります。ポケットコイルマットレスでは各コイルは独立していましたが、ボンネルコイルマットレスでは渦状のコイルが連結されています。連結されていることにより一体化したコイルが「面」で体を支えるので、体の一部だけが沈み込んでしまう心配がないことが特徴です。

反発力があり寝返りが打ちやすいので、寝返りをたくさん打つ方に向いているマットレスですが、一緒に寝ている方に振動が伝わりやすいことがデメリットとして挙げられます。

ウレタンマットレス

ウレタンマットレスは、スポンジや断熱材として使われる「ウレタン」を素材に作られているマットレスのことです。製品によっては折りたためるものや丸められるものもあるので、持ち運びがしやすいです。

高反発のものと低反発のものが選べることはメリットですが、ウレタンの質によっては耐久性や通気性が悪いことには、注意しておかなければなりません。

ラテックスマットレス

ラテックスマットレスは、ゴムの木を原料として作られたマットレスです。ゴム特有の柔らかさと弾力性を兼ね備えていて、体圧分散性にも優れています。柔らかい肌触りが好みの方におすすめです。

通気性が悪く耐久性があまり高くないというデメリットには、注意しておきましょう。

ファイバーマットレス

ファイバーマットレスは、プラスチックの一種である「ポリエチレン」を繊維状に編み込んで作られているマットレスです。通気性に優れているだけでなく、水洗いもできるため手入れがしやすいので、マットレスを清潔に保ちたい方におすすめです。

体を面で支えるため体圧分散がされにくいことは、デメリットといえます。

マットレスを買い換える場合の選び方を紹介

マットレスを買い換える場合は、以下に挙げる観点からマットレスを選びましょう。

  • 実際に寝て選ぶ
  • 体圧分散性に優れているものを選ぶ
  • 反発力が高いもしくは硬めの素材のものを選ぶ
  • 通気性の高いものを選ぶ

それぞれの選び方に関して、詳しく説明します。

実際に寝て選ぶ

マットレスは、商品の説明を読んだだけでは使い心地が分からないことが多いです。そのため、好みの寝心地かどうかは実際に数時間寝てみないと分かりません。一般的には購入する前に数時間寝ることは難しいため、試用期間があるかが重要です

体圧分散性に優れているものを選ぶ

体圧分散性に優れていると体圧が集中する部分が少ないため、圧迫される箇所が少なく寝ている間の血流も阻害されにくいです。また、体圧分散性に優れていると寝返りも打ちやすいので、睡眠の質の改善が期待できます。

反発力が高いもしくは硬めの素材のものを選ぶ

低反発の素材や柔らかめの素材は、肌へのフィット感があります。ただし、それらの素材は寝ている時に深く沈み込んでしまい、腰痛などの原因となる可能性があります。睡眠の質を維持するためにも、ある程度反発力が高い、もしくは硬めの素材のものを選ぶことがおすすめです。

通気性の高いものを選ぶ

通気性が高くなければ、湿気が溜まってカビやダニの原因になりやすいです。カビやダニが発生してしまうと、匂いなどで寝心地が悪くなるだけでなく、マットレスの劣化も早まります。通気性の高いものを選ぶことで、長く快適に使い続けられます。

買い換えるならNELLマットレスがおすすめ

マットレスを買い換える場合に、実際に寝心地を試したいと考えている方には、NELLマットレスがおすすめです。店頭で販売されているマットレスの場合、短時間寝転んでみることで寝心地を確認できるかもしれませんが、短時間で本当に自分に合っているかどうかを判断するには不十分です。

NELLマットレスでは使用後に不満を感じた場合、120日間であれば返品・返金を保証するフリートライアルを設けています。そのため、実際にある程度の期間使用して自分の体に合うかを判断してから、使い続けるかどうかを決められます。

NELLマットレスはポケットコイルマットレスであり、寝心地が優れています。一般的なマットレスの約2倍の数のコイルを使用しているため、体圧分散性が高いことが特徴です。また、腰から背中部分を硬めに、それ以外の部分を柔らかめにした「センターハード構造」により、ストレスなく自然に寝返りを打てます。

さらに、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた独自の13層構造を採用しているため、通気性も高いです。防ダニ・抗菌・防臭機能も備えているので、汚れやカビ・ダニが付きにくく清潔な状態を保ちやすいことも、メリットの一つです。

実際にNELLマットレスを使用している方からも、寝心地の良さに関して、以下のようなレビューを多数いただいています。

ブルー

yu様

「寝返りが打ちやすい」

キングサイズに夫婦ふたりで眠っていますが、お互いの寝返りが響かず安眠できます。

ダークブルー

中村美織様

「最高です。」

とても寝心地が良く、いつもは途中で起きてたのですが、朝までぐっすり眠れています。

ダークブルー

しお様

「よかった」

ダブルマットレスを購入しました。
2人で使用していますが、寝付きも寝心地もとってもいいです。

サイズはシングルからキングまで豊富なラインナップがあります。

値段(税込)75,000円/シングル
90,000円/セミダブル
105,000円/ダブル
130,000円/クイーン
150,000円/キング
コイル数1,173個/シングル
1,479個/セミダブル
1,734個/ダブル
1,989個/クイーン
2,397個/キング
送料無料
(沖縄県本島を除く)
返品(※)返品・全額返金可能
(商品到着後14日以降120日以内)
保証期間10年間

(※)最低14日間の試用が必要です

寝心地や使い勝手を試してから買い換えるマットレスを決めたいと考えている方は、ぜひNELLマットレスを検討してください。

まとめ

ベッドの寝心地に違和感を覚える原因としては、体の同じ部位への体圧の集中や、マットレスがへたっていることなどが挙げられます。除湿シートベッドパッドを使用すれば寝心地が改善されることもありますが、マットレスがへたってしまっている場合には、買い換えるしかありません。

マットレスを買い換える場合は、実際に寝心地を確認したうえでの判断が望ましいです。NELLマットレスでは120日間のフリートライアルを設けているので、マットレスが自分に合っているかどうかを確認してからで判断できます。

センターハード構造のおかげでストレスなく寝返りを打てますし、通気性も高く快適に眠れます。実際に寝心地を試したうえでマットレスを買い換えたい場合は、ぜひNELLマットレスを検討してください。

ページのトップへ