NELL
  1. NELL
  2. WENELL
  3. ポケットコイルマットレスの寿命は?購入前の確認ポイントも紹介
2024.04.08 更新

ポケットコイルマットレスの寿命は?購入前の確認ポイントも紹介

ポケットコイルマットレスの寿命は?購入前の確認ポイントも紹介

ポケットコイルマットレスは点で体を支えるため、体圧分散性に優れているものが多く、万人におすすめできるマットレスです。

しかし、ポケットコイルマットレスは商品によって品質が異なり、一般的なマットレスに比べて高額な傾向にあるため、購入に失敗してしまうと痛い出費になる可能性もあります。

そのため、マットレスを選ぶ際は自分の欲しいポイントをしっかり決めてから購入すると失敗が減るでしょう。

この記事では、ポケットコイルの一般的な寿命や品質の確認ポイントを紹介するため、購入前の参考にしてください。

  1. ポケットコイルマットレスの寿命(耐用年数)は何年?
  2. 古くなったポケットコイルマットレスを使い続けるとどうなる?
  3. ポケットコイルマットレスの寿命に関わる品質・強度の確認ポイント
  4. ポケットコイルマットレスの寿命を長くするコツ
  5. 定期的に上下や裏表を入れ替える
  6. 定期的に除湿をする
  7. マットレスの汚れや劣化を防ぐアイテムを使う
  8. マットレスに負荷をかけすぎない
  9. ポケットコイルマットレスの買い替え・交換を検討するタイミング
  10. ポケットコイルのスプリングから軋み音がする
  11. ポケットコイルのスプリングがマットからはみ出している
  12. スプリングが背中に当たって痛い
  13. 寝起きに肩こり・腰痛などの体調不良を感じる
  14. 内部にカビが発生している
  15. 表面の生地に汚れや破れが目立つ
  16. マットレスにへたりがあり寝心地が悪い
  17. ポケットコイルマットレスなら寝心地と寝返りにこだわったNELLマットレスがおすすめ
  18. まとめ

ポケットコイルマットレスの寿命(耐用年数)は何年?

ポケットコイルマットレスの寿命(耐用年数)は品質によって異なりますが、およそ8〜12年前後が目安です。

ただし、品質が低い場合には一般的な寿命よりも短くなるため、購入前は必ず品質のチェックを行いましょう。

またマットレスは購入後の除湿や、お手入れの頻度によって劣化速度が変化するため、以降では品質のチェックポイントや、マットレスの寿命を長くするコツをご紹介します。

古くなったポケットコイルマットレスを使い続けるとどうなる?

マットレスの寿命を過ぎても古いマットレスを使い続けていると、睡眠の質が低下する可能性があります。睡眠の質が低下した状態が続くと、睡眠不足など体にさまざまな影響を及ぼすため、機能を果たせるマットレスを使うことが大切です。

また、古くなったマットレスはカビやダニが繁殖しやすい状態になることから、衛生的にも使用をおすすめしません。人によってはアレルギーを発症するリスクも高まります。

古いマットレスは、反発力の低下から腰痛や肩こり、表面の生地が破れてスプリングなどの中材が飛び出し怪我を負うリスクもあるため、寿命を過ぎたら買い替えを検討しましょう。

マットレスが長持ちするコツは後述しますが、古くなって寿命を過ぎたマットレスを復活させる方法はありません。いくつかの対処法はあるものの、体のためにもなるべく早い段階での買い替えを検討しましょう。

ポケットコイルマットレスの寿命に関わる品質・強度の確認ポイント

ポケットコイルマットレスの寿命は、主に内蔵されているコイルと詰めものによって変わります。

チェックするべきポイントは下記のとおりです。

項目概要
線材SWRH(硬鋼線)はA~Cの順に強くなる、SWRS(ピアノ線)はV~Bの順に強くなる
線材の炭素含有量数値が高いほど耐久性が高く、一般的にはピアノ線のほうが炭素含有量が多く、耐久性は高いとされている
マンガン含有量A(少なめ)、B(多め)で、含有量が多いほど耐久性は高くなる
詰めもの(ウレタンフォーム)密度(kg/㎥)はDで表され、例えば30Dであれば30kg/㎥となる。密度が高いほど耐久性が高くなる

もし品質の詳細が確認できない場合は、店舗スタッフに品質の詳細を尋ねましょう。

ポケットコイルマットレスの寿命を長くするコツ

ポケットコイルマットレスは耐久性の高さも重要ですが、長く使用するために下記のような定期的なお手入れが大切です。

  • 定期的に上下や裏表を入れ替える
  • 定期的に除湿をする
  • マットレスの汚れや劣化を防ぐアイテムを使う
  • マットレスに負荷をかけすぎない

それぞれ、詳しく解説します。

定期的に上下や裏表を入れ替える

マットレスを毎日使用すると、体重による圧力(体圧)が集中し、腰部分がへたりやすくなってしまったり、頭の部分がフケや髪の毛によって汚れたりする可能性があります。

このようなマットレスの劣化を防ぐためには、マットレスの上下や表裏を、半年もしくは1年に一度入れ替えましょう。

ただし、製品によって使用する方向が決まっているものもあるため、上下や表裏を入れ替えながら使用する場合は、上下左右対称で入れ替えが可能なマットレスがおすすめです。

定期的に除湿をする

人間は一晩でコップ一杯分の寝汗をかくといわれており、その湿気はマットレスの劣化を促進させます。

そのため、マットレスは月に2回ほど風通しの良い場所に立てかけるなど、日差しには気を付けて定期的な除湿を行いましょう。

また、すのこフレームなどの通気性の良いベッドフレームを使用すると、湿気の蓄積を防ぎ、マットレスを清潔に使用できるためおすすめです。

マットレスの汚れや劣化を防ぐアイテムを使う

マットレスの汚れや劣化を防ぐアイテムとして、以下のようなものが販売されています。

  • 敷きパッド…吸湿性や速乾性に優れており、シーツの上に載せて使用する
  • ベッドパッド…抗菌・防臭・防ダニ効果などの性能がある

定期的なお手入れだけでなく、上記のようなアイテムを使用することでマットレスを清潔に保ち、劣化を遅らせることができます。

マットレスに負荷をかけすぎない

マットレスにかかる負担とは、寝る時の体重による圧力(体圧)だけではありません。重さや振動による負荷も、マットレスの寿命を縮める原因の一つです。

ボンネルコイルマットレスは、コイルが連結して全体で体を支えています。一方、ポケットコイルマットレスはスプリング(コイル)の一つひとつが独立して体圧を支えます。そのため、一部分にだけ体重が集中するとマットレスがへこんだり、コイルの破損に繋がったりします。

普段の生活で寝るために使うだけであれば問題ありませんが、マットレスのうえで飛び跳ねたりもの置きにしたりすることは避けましょう。

ポケットコイルマットレスの買い替え・交換を検討するタイミング

ポケットコイルマットレスの買い替え・交換を検討するタイミング

先述したとおり、ポケットコイルの一般的な寿命は8〜12年前後です。

お手持ちのマットレスが下記の内容に当てはまる場合、買い替えを検討しましょう。

  • ポケットコイルのスプリングから軋み音がする
  • ポケットコイルのスプリングがマットからはみ出している
  • スプリングが背中に当たって痛い
  • 寝起きに肩こり・腰痛などの体調不良を感じる
  • 内部にカビが発生している
  • 表面の生地に汚れや破れが目立つ
  • マットレスにへたりがあり寝心地が悪い

それぞれ、以下で詳しく紹介します。

ポケットコイルのスプリングから軋み音がする

ポケットコイルのスプリングから軋み音がする場合、買い替えを検討しましょう。

ポケットコイルマットレスには、内部に一つひとつが独立したスプリングが内蔵されており、マットレスが劣化していると、スプリングからギシギシとした軋み音が発生します。

この軋み音が、寝返りや熟睡を妨げ、睡眠の質が低下する恐れがあるため、思い当たる場合は買い替えをおすすめします。

ポケットコイルのスプリングがマットからはみ出している

マットレスに内蔵されているスプリングが、その上にある詰めものや生地を突き破っている場合、早急にマットレスを買い替えましょう。 スプリングが飛び出しているマットレスは使い続けてはいけません。

人は一晩に20〜30回ほど寝返りを打つとされており、はみ出したスプリングが寝返りの際に背中に刺さると怪我を負う可能性があるため、とても危険です。 買い替えまでに間が空く場合でも、ほかの布団を使うなどで対処しましょう。

スプリングが背中に当たって痛い

マットレスの詰めものがへたり始め、内蔵されているスプリングに背中が当たっている感覚がある場合にも、買い替えを検討しましょう。

スプリングが背中に当たって痛い状態のまま使用していると、体を痛める原因になります。

また、長期的に使用していると前述のようにスプリングが詰めものを突き破ってしまうリスクもあります。

マットレストッパーなどを上に被せることで、へたりによる寝心地の悪さは一時的に軽減できる可能性があります。しかし素材の劣化などの問題は解決しないため、根本的にはマットレスの寿命がきていると考えたほうが良いでしょう。

寝起きに肩こり・腰痛などの体調不良を感じる

寝起きに肩こりや腰痛などの体調不良を感じるのであれば、マットレスが自分に合っていない可能性があります。

この場合、「マットレスの経年劣化により、元々の反発力や寝心地などの性能・機能が失われている」「自分の体型や年齢の変化によって、使い心地が悪くなっている」などの可能性が考えられるため、自分に合うマットレスに買い替えることをおすすめします。

内部にカビが発生している

寝汗などによりマットレスに湿気が溜まると、ダニカビが発生する原因となります。

一度内部にカビが発生すると、完全に除去することが難しくなるうえ、そのまま使用し続けるとクリーニングによる金銭的・時間的コストが増えるため買い替えをおすすめします。

マットレスを新しく買い替えた際には、紹介したように定期的な除湿などのお手入れを心がけ、カビやダニの発生を防ぎましょう。

表面の生地に汚れや破れが目立つ

表面の生地に汚れ破れなどの劣化が見られる場合、寝心地の悪さやマットレスの劣化速度を早める可能性があります。

敷きパッドやベッドパッド、マットレストッパーなどを被せることで、見た目の問題は一時的に解決したように見えますが、汚れや破れはそのまま使用すると拡大する可能性が高いため、根本的な解決にはなりません。

マットレスにへたりがあり寝心地が悪い

経年劣化によってマットレスにへたりがある場合、寝心地の悪さや寝姿勢が保てないことによる体調不良に繋がるため、マットレスの買い替えが必要です。

通常、マットレスは睡眠中にかかる体圧をバランス良く分散しますが、へたりが発生すると体圧分散が上手くいかず、肩や腰など体圧が集中しやすい部分への負荷が大きくなる可能性があります。

そのため寝違えや肩こり・腰痛などのさまざまな体調不良のほか、睡眠の質を低下させる原因にもなるため注意しましょう。

ポケットコイルマットレスなら寝心地と寝返りにこだわったNELLマットレスがおすすめ

快適で質の高い睡眠がとれ、尚且つ長期的に安心して使用できるポケットコイルマットレスを探している方は、ぜひNELLマットレスをお試しください。

NELLマットレスはJIS(日本産業規格)の試験実施規則に従い、約102Kgの力で10万回の圧力をかける耐久性試験を実施しています。

その結果、へたりやたわみ、表地のずれ、ほつれ、破れ、詰めものの移動、落ち込み、コイルの折れ、外れなどの異常がなく、高い耐久性があることが証明されています。

このように、厳しい耐久テストをクリアしているNELLマットレスはすべてのサイズで「10年の耐久保証」をつけており、もし期間中に不備があれば無償で修繕・交換に対応するため、安心してご使用いただけます。

さらに、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた独自の13層構造を採用し通気性に優れているほか、防ダニ・抗菌・防臭機能を兼ね備えた素材を使用しています。このように、長期間にわたって毎日清潔なマットレスで睡眠がとれる点もNELLマットレスの特徴です。

マットレスの上下・表裏が対称になっているため、定期的に入れ替えることによって特定の部分がへたることも防げるため、より長く使用できるでしょう。

NELLマットレスの詳細は、以下のとおりです。

NELLマットレス
上質な寝心地を実現するために、寝返りに特化したマットレス。 期間限定セール実施中!全サイズ15%OFF


以下、実際にNELLマットレスを購入した方の声を一部紹介します。

ダークブルー

なつ

「寝心地最高です!!」

今までは起きた時に肩や腰にこりを感じていましたが、NELLマットに変えてからは全くなくなりました。私の身体には合っていたんだと思います!!本当に購入して良かったです!!返品返金保証があったりするのも少し高額ですが購入する後押しになりました!!ありがとうございました!!

ブルー

kazu

「めっちゃ疲れとれます。」

三つ折りの安いマットレスから買い替えましたが、元々使ってたマットレスだと起きた時少し体が痛い感じがありましたが、NELLマットレスに変えてからは全く痛く無くなりめっちゃ疲れが取れるようになりました

上記のようにNELLマットレスの使い心地やサービスに満足している声を沢山いただいています。

NELLマットレスの魅力は耐久性に優れている点だけではありません。小口径で密度の高いコイルを一般的なマットレスの約2倍使用しており、内部のコイルがそれぞれ独立しているため、使用者の体を点で支えることで「体圧分散性」に優れている点も魅力です。
また、「使ってみないと自分の体に合うかわからない」と不安を持っている方のために、NELLマットレスは商品到着から14日以降120日間であれば返品・全額返金に応じるフリートライアルを設けています。

約4ヶ月自宅でじっくり試すことができ「自分の体には合わない」と感じた場合でも心配ありません。

NELLマットレスは寝心地、品質、耐久性、商品サポートのすべてにこだわっているポケットコイルマットレスです。

マットレスの買い替えを考えている方は、まずは120日間フリートライアルにて、NELLマットレスの使い心地をぜひお試しください。

まとめ

ポケットコイルマットレスの一般的な寿命(耐用年数)は8〜12年前後ですが、品質によって異なるため、購入前にはよく確認しておきましょう。

また、上下表裏の変更や除湿、劣化を防ぐアイテムの使用など使用中の定期的なお手入れもマットレスを長く使用するために大切です。

ただし、今使っているマットレスに劣化があったり、寝心地の悪さを感じたりする場合は、寿命と考えて買い替えることをおすすめします。 特にスプリングが飛び出しているようなマットレスは怪我を負う可能性もあるため、早めの買い替えを検討してください。

長期的に安心して使用できる品質の良いポケットコイルマットレスを探している場合には、約4ヶ月にわたり自宅でじっくり試せて、10年の耐久保証で長く清潔に使用できる「NELLマットレス」を一度試してください。

ページのトップへ