1. NELL
  2. WENELL
  3. 転勤族でもベッドを使ったほうが良い?単身赴任におすすめの種類や注意点など解説
2022.06.08

転勤族でもベッドを使ったほうが良い?単身赴任におすすめの種類や注意点など解説

転勤族でもベッドを使ったほうが良い?単身赴任におすすめの種類や注意点など解説

引っ越しが多い転勤族の方は、ベッドと布団のどちらを使うかは悩ましいところです。ベッドで寝たいと思っていても、引っ越しのことを考えると迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

しかし、ベッドを選ぶ時にいくつかのポイントをおさえれば、転勤族でも使用できるベッドはたくさんあります。

この記事では、「転勤族でもベッドを使ったほうが良いか?」という悩みへの回答や、ベッドを使う際の注意点などを解説します。

単身と夫婦、それぞれの転勤族の方におすすめのベッドも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  1. 転勤族でもベッドがおすすめ!3つのメリットを紹介
  2. 布団を出し入れする必要がない
  3. 押入れが必要ない
  4. 質の高い睡眠に繋がりやすい
  5. 転勤族がベッドを使う時に注意するポイント
  6. 引っ越し費用が高くなる
  7. 搬入出が大変になる
  8. 転勤のケース別におすすめのベッドを紹介
  9. 単身赴任におすすめのベッド
  10. 夫婦での転勤におすすめのベッド
  11. 転勤族がベッドを選ぶ時のポイント
  12. 分解しても強度が落ちないベッドフレームを選ぶ
  13. ベッドのサイズや重量をチェックする
  14. 引っ越しに伴い新しく買い替えるのもおすすめ
  15. NELLマットレスはコンパクト発送で受け取りやすい
  16. まとめ

転勤族でもベッドがおすすめ!3つのメリットを紹介

最初に結論をお伝えすると、転勤族でもベッドを使うことをおすすめします。その理由としては、以下の3つのメリットがあるからです。

  • 布団を出し入れする必要がない
  • 押入れが必要ない
  • 質の高い睡眠に繋がりやすい

それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

布団を出し入れする必要がない

布団を敷きっぱなしにすると湿気でカビが生える可能性があるため、布団を敷いて寝る場合は、毎朝起きたら布団を出し入れする必要があります。

その点、ベッドならマットレスを置いたままでいいので布団を出し入れする手間がなく、忙しい朝でも楽に使えるでしょう。引っ越し直後で慌ただしい時でも、朝の時間を有効に使えるところがベッドの魅力です。

押入れが必要ない

布団は押入れに収納する必要がありますが、ベッドはそのまま置いておけるため押入れが必要ありません。

単身赴任の場合は、あまり広くない部屋に引っ越すケースも多いでしょう。部屋を借りる時に、布団があれば押入れ付きの物件を探す必要がありますが、ベッドなら押入れがなくても問題ないため、物件が探しやすくなる可能性があります。

もし収納が足りないと感じる場合は、収納付きのベッドを選べば、ベッドの下を収納スペースとしても活用できて便利です。

質の高い睡眠に繋がりやすい

ベッドフレームは単体で使うものではなく、マットレスを床板の上に載せて使う方法が一般的です。マットレスは機能性を追求して開発された商品が多く販売されているため、ベッドで眠ることで睡眠の質が高まる可能性があります。

例えば、弾力性や復元性に優れたマットレスは、就寝中の体にかかる負担を軽減しやすいです。通気性の高いマットレスを選べば、カビやダニが繁殖する心配を軽減できます。防菌・防臭加工が施されたものは、清潔に保ちやすいため長く愛用しやすいでしょう。

また、布団やマットレスの寿命は素材などによって異なりますが、一般的に布団はマットレスより寿命が短い傾向にあります。布団を長く使うことでへたったら、「底付き感」が生じて寝心地が悪く感じるかもしれません。

へたったり凹んだりするのはマットレスも同じですが、布団は寿命が短い傾向にあることから、買い替える頻度が高くなる可能性があると覚えておきましょう。

転勤族がベッドを使う時に注意するポイント

転勤族の方がベッドを使う時には、注意したいポイントが2つあります。次転勤する時に困らないよう、以下の2つのポイントを確認しておきましょう。

  • 引っ越し費用が高くなる
  • 搬入出が大変になる

それぞれの項目について、詳しく紹介します。

引っ越し費用が高くなる

ベッドやマットレスは大型家具にあたるため、引っ越し費用が高くなる傾向にあります。

引っ越し業者のなかには、料金が安い「単身パック」を用意しているところもありますが、このプランは荷物量に制限があるためベッドはサイズオーバーとなることが多いです。

もし、ベッドを解体してから運ぶ場合でも、解体費用と組み立て費用が追加でかかることがある点に注意してください。

搬入出が大変になる

引っ越しの時にベッドがあると、今住んでいる住居から搬出して、次に住む住居に搬入するという手間がかかって大変だと感じるかもしれません。

もし旧居から新居までベッドを運ぶなら、あらかじめ住居の間取りや階段、エレベーター、廊下など、搬入出の経路や寸法を確認しておく必要があります。

また、搬入が難しければバルコニーから吊り上げて搬入することになり、引っ越し費用に追加料金が発生することがあると覚えておきましょう。

転勤のケース別におすすめのベッドを紹介

転勤のケース別におすすめのベッドを紹介

転勤といってもさまざまなパターンがあり、それぞれのケースによって適するベッドは異なります。自分の環境に合うベッドを選ぶことで、転勤族の方でもベッドのある生活を楽しみやすくなるでしょう。

ここからは、以下2種類のケースにわけておすすめのベッドを紹介します。

  • 単身赴任
  • 夫婦での転勤

ぜひ、自分に当てはまるほうをチェックしてみてください。

単身赴任におすすめのベッド

単身赴任の方は、1人で組み立てができるベッドや組み立て不要のベッドを選ぶと良いでしょう。

折り畳みベッドは、分解しなくてもコンパクトになるため、組み立て作業が苦手な方に向いています。組み立て式のベッドを選ぶ場合は、1人でも組み立てられるシンプルな構造のベッドや、組み立てが簡単で軽くて運びやすいパイプベッドがおすすめです。

もし単身赴任で借りる部屋の収納スペースが狭い場合は、収納付きのベッドを選ぶとベッド下のスペースを有効活用できます。

また、ベッドの足が高いと圧迫感が出やすいため、部屋を広く見せたい方は高さが低いローベッドを選びましょう。高さが低いベッドなら、ソファ代わりにも使うことができて便利です。

夫婦での転勤におすすめのベッド

夫婦2人で広々と寝たいと考えている場合、クイーンやキングを選びたくなるかもしれませんが、大きいサイズのベッドは転勤族にはあまりおすすめできません。

クイーンやキングは、ベッドフレームが分解できてもマットレスが大きいため、引っ越し先によっては部屋に入らない可能性があります。引っ越し時の搬入出のしやすさを考えると、夫婦2人で寝る転勤族の方にはダブルがおすすめです。

もしダブルが狭く感じる場合は、シングルベッド2台を並べて使う方法も検討してみてください。

ベッドを2台に分けることで搬入出がしやすくなるほか、就寝中に動いても振動が相手に伝わりづらい、生活スタイルが変わってもベッドの配置を臨機応変に対応しやすいなどのメリットがあります。

転勤族がベッドを選ぶ時のポイント

転勤に伴う引っ越し時に困らないようにするには、運搬することを考えてベッドを選ぶことが大切です。

転勤族の方がベッドを選ぶ時は、以下の3つのポイントをチェックしましょう。

  • 分解しても強度が落ちないベッドフレームを選ぶ
  • ベッドのサイズや重量をチェックする
  • 引っ越しに伴い新しく買い替える

それぞれ詳しく解説します。

分解しても強度が落ちないベッドフレームを選ぶ

ベッドを転勤先に持っていく予定であれば、分解して再度組み立てても強度が落ちづらいベッドフレームを選びましょう。シンプルな構造をしていて、締め直しできるネジやボルトを使用しているものがおすすめです。

木ねじを使用しているベッドフレームは、一度分解すると強度が落ちるため避けたほうが良いといえます。木ねじが使用されていると、引っ越し業者に分解してもらえないケースもあるようなので、注意してください。

ベッドのサイズや重量をチェックする

転勤する機会が多い方は、どんな住居にも対応できるようにコンパクトなベッドを選ぶのがおすすめです。クイーンやキングは搬入が難しいケースがありますが、幅の狭いシングルなら比較的対応しやすいでしょう。

もし自分で運搬する場合は、パイプベッドやすのこベッドなど、重すぎないベッドを選ぶと楽に運びやすくなります。

引っ越しに伴い新しく買い替えるのもおすすめ

ベッドフレームは分解するとコンパクトになるものが多いため、引っ越しの時に困ることは少ないでしょう。しかし、折りたためないマットレスは、シングルサイズでも大きくなり運搬が大変です。

もし長年同じマットレスを使っているのであれば、引っ越しに伴って新しく買い替えるのも一つの手です。新居にマットレスが届くように手配すれば、運搬する手間を省くことができます。

新しくマットレスを購入するなら、圧縮してコンパクトな状態で発送してもらえるマットレスを中心に選ぶと良いでしょう。

コンパクトに発送される商品であれば、通常の宅配便と同じ感覚で受け取れます。エレベーターや階段などが狭くて、搬入出が難しい住宅に引っ越す方には特におすすめです。

NELLマットレスはコンパクト発送で受け取りやすい

引っ越し時にマットレスを買い替えるなら、ぜひNELLマットレスをご検討ください。NELLマットレスは、圧縮して発送する「ベッド・イン・ボックス」を採用しており、転勤先でも手軽に受け取りやすくなっています。

サイズ展開は、全5種類(シングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キング)と幅広いため、お手持ちのベッドフレームに適するサイズを選べば、今使っているベッドフレームをそのまま使うことも可能です。

ただし、NELLマットレスを再圧縮することはできないため、搬出を踏まえた寸法をご確認のうえ、購入するサイズをご検討ください。

また、素材には、高い消臭効果を発揮する「キュートリー」や、防ダニ・抗菌・防臭機能を兼ね備えた「MIGHTYTOP® Ⅱ」を使用しています。清潔さを保ちやすい新消臭素材や高機能な綿生地を使用しているため、新しい家でも衛生的に使いやすいでしょう。

NELLマットレスの料金やコイル数などについて、一覧表にまとめました。

値段(税込)75,000円/シングル
90,000円/セミダブル
105,000円/ダブル
130,000円/クイーン
150,000円/キング
コイル数1,173個/シングル
1,479個/セミダブル
1,734個/ダブル
1,989個/クイーン
2,397個/キング
送料無料
(沖縄県本島を除く)
返品返品・全額返金可能
(商品到着後14日以降120日以内)
保証期間10年間

(※)最低14日間の試用が必要です

NELマットレスは、内蔵されたコイルが体の曲線に細かくフィットしながら支える構造です。適度な反発力があるため寝返りを打ちやすく、体にかかる負担を軽減しやすくなっています。

実際の寝心地を確かめたいという方もいらっしゃると思いますが、NELLでは120日間のフリートライアル期間を設けています。商品が到着してから14日以降120日以内であれば、返品と全額返金に応じているので、ぜひ新生活の始まりとともに試してみてください。

NELLマットレスの詳細は、以下の公式サイトからご覧いただけます。

まとめ

転勤族の方は、ベッドを使うことに迷いがあるかもしれません。しかし、ベッドには布団を出し入れしなくていい、押し入れが必要ない、質の高い睡眠に繋がりやすいという3つのメリットがあります。

転勤族の方でも、運搬することを考えてベッドを選べば、引っ越しの時に対応しやすくなるでしょう。現在の住居から新居に運搬するなら、分解しても強度が落ちないベッドフレームや、大きすぎないサイズを選ぶことをおすすめします。

ただし、折りたためないマットレスはそのまま運搬するとサイズが大きくて大変なので、引っ越しのタイミングで買い替えるのも選択肢の一つです。

圧縮してコンパクトに発送するNELLマットレスなら、手軽に受け取れるため搬入の心配をする必要がありません。シングルからキングまで幅広いサイズを展開しているので、再圧縮はできないことを踏まえたうえで、自身の希望に合うサイズをお選びください。

120日間のフリートライアル期間を活用して、ぜひNELLマットレスの快適な寝心地をお試しいただければと思います。

ページのトップへ