1. NELL
  2. WENELL
  3. 坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)に最適なマットレスの条件とは?選び方のポイントを解説
2022.01.04

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)に最適なマットレスの条件とは?選び方のポイントを解説

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)に最適なマットレスの条件とは?選び方のポイントを解説

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)の方は、マットレスを慎重に選ぶ必要があります。

理由として、マットレスが自分の体に合っていない場合、坐骨神経痛の症状が悪化する可能性があるからです。

特に、生活習慣を整えたり寝姿勢を工夫したりしても症状が良くならない場合は、マットレスが体に合っていないことが原因の一つであると考えられます。

この記事では、坐骨神経痛の方におすすめのマットレスの条件や、選び方のポイントについて詳しく解説します。

「坐骨神経痛の影響で、最近睡眠の質が低い気がする…」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

坐骨神経痛の軽減にはマットレス選びが重要

坐骨神経痛は病名ではなく、「お尻から足の裏側に痛みやしびれが生じる」症状のことを指します。

以下、坐骨神経痛が起こる原因として、考えられるものです。

  • 腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)
  • 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)
  • 脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)

原因は人によって異なりますが、「お尻から足の裏側に痛みやしびれが生じる」という症状は坐骨神経痛に共通しています。

名前のとおり、その痛みには坐骨神経の圧迫が関係しているため、睡眠時に腰をはじめ、体に負担がかからないようにすることが重要です。

特に睡眠において、体に合わないマットレスを使用していると坐骨神経痛の症状に影響が出ることもあるため、注意しましょう。

以上の観点から、坐骨神経痛で悩んでいる方はマットレス選びにこだわったほうが良いと考えられます。

坐骨神経痛を軽減するマットレスの条件とは?

坐骨神経痛を軽減するマットレスの条件とは?

そもそも、坐骨神経とは、腰のあたりから足の裏、爪先まで伸びている神経のことを指します。

坐骨神経痛を軽減するためには、腰や体に負担をかけないマットレス選びが重要となります。

腰や体に負担をかけないマットレスの条件として、以下のポイントがあります。

  • 適度な反発力で理想的な寝姿勢を保てるマットレス
  • 体圧分散性に優れたマットレス
  • 十分な厚さのマットレス

それぞれ、以下で詳しく見ていきましょう。

適度な反発力で理想的な寝姿勢を保てるマットレス

睡眠中に理想的な寝姿勢をキープするためには、適度な反発力があるマットレスを選びましょう。

前提として、睡眠中に腰や体への負担をかけないためには、適度な反発力で「理想的な寝姿勢」を保てるかどうかが大切です。

理想的な寝姿勢とは、「立っている時のように、背骨がゆるやかなS字カーブを描いている状態」を指します。
反発力が低すぎるマットレスの場合、体が深く沈むことでS字カーブの部分にすき間ができ、腰に負担をかけるなどのデメリットがあるため、注意してください。

また、適度な反発力があるマットレスは、寝返りが打ちやすい点もポイントです。

睡眠中は、体の一部に体圧がかかり、長時間同じ姿勢でいると血行不良を起こすことがあります。その場合、坐骨神経痛にも良くない影響を与える恐れがあるでしょう。

寝返りは、睡眠中の不調をリセットするため、無意識に行われる生理現象のようなものです。

適度な反発力があるマットレスは寝返りが打ちやすいため、腰や体に負担をかけたくない方に向いているでしょう。

体圧分散性に優れたマットレス

腰に負担をかけないマットレスとして大切なものが、「体圧分散性」です。

そもそも、「体圧分散」とは、寝ている時に体にかかる圧力(体重による負荷)を分散させることを意味します。

体圧分散性に優れているマットレスは、睡眠中に体圧を均等に分散させるため、腰などに体圧が集中することを防げる点がメリットです。

特に坐骨神経痛の方は、腰に負担をかけないためにも、体の各部位を適切に支える「体圧分散性」に優れたマットレスを選ぶことがおすすめです。

ただし、体圧分散性に優れていても柔らかすぎるマットレスには注意が必要です。柔らかすぎて体が深く沈み込みすぎると、前述のとおり「理想的な寝姿勢」をキープできず、寝返りも打ちづらくなります。

十分な厚さのマットレス

マットレス選びの際には「厚さ」にも注目しましょう。

適度な反発力があり体圧分散性に優れたものであったとしても、マットレスそのものが薄ければ、床への底つきにより腰や体に負担がかかる可能性があります。

素材によって十分といえる厚さは異なりますが、坐骨神経痛に悪い影響を与えないためにも、ウレタン素材の場合は10cm以上、コイル系の場合は20cm前後の厚さがあるマットレスを選ぶことがおすすめです。

NELLマットレスは体圧分散性に優れていておすすめ

坐骨神経痛で悩んでいるのであれば、腰や体に負担をかけないNELLマットレスをぜひご検討ください。

NELLマットレスは、一般的なマットレスの約2倍の数のコイルを使用したポケットコイルマットレスです。

内部のコイルがそれぞれ独立しているため、使用者の体を点で支えることで、体圧分散性に優れています。

また、背中や腰部分を硬めに、それ以外の部分を柔らかめに設計した「センターハード構造」を採用しており、単純なコイルマットレスよりも寝返りがしやすい点がメリットです。

心地良い寝返りにより、血液の流れが阻害されないことで、腰痛や肩こりなどの体の痛みを軽減できるでしょう。

坐骨神経痛に悩んでいる方はぜひ検討してください。

実際にNELLマットレスを購入した方のレビューを紹介します。

ダークブルー

chiko

とても良い

商品が届いてから1週間、最初は硬すぎるかな?と感じましたが、体が慣れたのか寝返りのストレスが無く快適に寝ることが出来ています。

ライトブルー

すず

眠れるようになりました

引越しを機に、こちらのマットレスを購入しました。東京から関西へと環境がずいぶん変わりましたが、マットレスを変えたおかげか、以前より眠りが深くなり、夜中に目が覚めることもほとんどなくなりました。マットレスの硬さが以前のものはとても硬かったのですが、私にはこちらのマットレスの硬さが丁度良いようです。適度に沈み、包み込まれるような感じです。睡眠の時間が、以前より楽しみになりました。

ダークブルー

ひろは

ホテルのベッドみたい

やや柔らかめくらいのものを探していました。 以前のものは固くて朝起きると腰が痛かったです。 こちらのマットレスは腰もマットレスにふんわりと包まれている感じで朝がとても楽です。

坐骨神経痛にお悩みの方のなかには、「いざ、マットレスを購入しても、自分の体に合わなかったらどうしよう…」などの不安を持つ方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に向けて、NELLでは、商品到着から120日間であれば返品・全額返金できるフリートライアルを提供しているため、寝心地や自分の体にフィットするかなど、十分にお試しいただけます。

さらに、フリートライアル期間とは別に10年の耐久保証もつけているため、万が一到着した商品に不備があった場合や、保証期間中に不具合が発生した場合には、無料で修理、交換に対応しています。

「坐骨神経痛で悩んでいるけれど、失敗することが不安でマットレスの購入に踏み切れない」という方は、ぜひ一度NELLマットレスをご検討ください。

まとめ

坐骨神経痛の原因は人によってさまざまです。

症状を悪くさせないためには、睡眠時に腰や体へ負担をかけないよう、自分の体に合うマットレスを選ぶことを心がけましょう。

しかし、なかには「マットレスは高額だし、実際に寝てみないと自分の体に合うかわからないため、なかなか購入を決断できない」と思う方も多いでしょう。

寝返りに特化したコイル配列などにより、快適な寝心地を追求した「NELLマットレス」では、120日間のフリートライアルを提供しているので、自宅でじっくりお試しいただけます。

坐骨神経痛に悩んでいて、マットレスの購入や買い替えを考えている方は、ぜひ一度NELLマットレスをご検討ください。

ページのトップへ