1. NELL
  2. WENELL
  3. 体圧分散に優れたマットレスで快眠しよう!おすすめの種類や選ぶ際のポイントなど解説
2022.06.08

体圧分散に優れたマットレスで快眠しよう!おすすめの種類や選ぶ際のポイントなど解説

体圧分散に優れたマットレスで快眠しよう!おすすめの種類や選ぶ際のポイントなど解説

マットレスの購入を検討する中で、「体圧分散」という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

しかし、その意味まではきちんと理解できておらず、何となく選んだマットレスを使い続けている方もいるかもしれません。

睡眠中の体への負担を減らすためにも、マットレスの体圧分散性は重要なポイントなので、きちんと意味を理解して正しくマットレスを選びましょう。

この記事では、マットレスに体圧分散性が重要である理由やおすすめのマットレスの種類を解説します。

体圧分散以外に注目したいポイントについても解説するため、マットレス選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

そもそも体圧分散とは?

体圧分散とは、寝ている時に体にかかる圧力(体重による負荷)を分散させる性質のことです。

人間の体には、重力によって体重の圧力が常にかかった状態ですが、立った姿勢の時だけでなく、寝ている時の体にも体重による圧力はかかり続けています。

体圧がかかる度合いは部位によって異なり、特に肩や腰など、重さがある部位には体圧が集中しやすいです。

就寝中の体圧を上手く分散できない場合、体の出っ張った部分を中心に負荷がかかり、起床時の体の痛みを引き起こす可能性があります。

マットレスの体圧分散性が重要な理由

体圧が同じ部位にかかり続けると痛みが生じる可能性があるため、体への負担を減らすためにも、圧力を適度に分散させることが大切です。

体圧が一部に集中するのを防ぐためには体に合う寝具を使うことが重要ですが、特に就寝中の体に常に触れるマットレスは、体圧を分散させるために大きな役割を果たします。

そのため、マットレスを選ぶ際には、就寝中の体にかかる圧力を受け止めて、バランス良く分散させられるものを選びましょう。

また、スムーズに寝返りを打ちやすくなるという点も、マットレスの体圧分散性が重要だといわれる理由の一つです。

寝返りには、血行促進や体温調節、体圧が1箇所に集中することを防ぐ役割があります。成人が一晩に打つ寝返りの回数は、約20〜40回が一般的です。

もし体圧分散性が低いマットレスを使った場合、体圧を分散させるために寝返りを打つ回数が増えてしまい、寝心地悪く感じることで睡眠の質が低下する可能性があります。

体圧分散性を重視するならポケットコイルマットレスが良い

体圧分散性を重視するならポケットコイルマットレスが良い

寝具屋に行ったりインターネットで検索したりした時、コイルが内蔵されたコイルマットレスや、ウレタン素材、ファイバー素材のものなど、さまざまな種類のマットレスを見たことがある方は多いと思います。

体圧分散性を重視してマットレスを選ぶなら、数あるマットレスの種類のなかでも「ポケットコイルマットレス」がおすすめです。

その理由について、以下で詳しく解説します。

ポケットコイルマットレスの特徴

コイルが内蔵された構造のコイルマットレスには、ボンネルコイルマットレスポケットコイルマットレスという2種類があります。

ボンネルコイルマットレスは、内蔵されたコイルが連結しているため、コイルが体を「面」で支える構造です。

一方、ポケットコイルマットレスは内蔵されたコイルが一つひとつ独立しているため、体を「点」で支えます。

この構造より、コイルが体の凹凸に合わせてフィットしながら全身を支えるため、一点に負荷がかかりづらくなっているのです。

ポケットコイルマットレスは体圧分散性に優れているだけでなく、以下のような特徴もあります。

  • 振動が伝わりにくい
  • 通気性が高い

ポケットコイルマットレスは振動が横に伝わりづらい構造のため、2人以上で寝る際にも快適に利用しやすいです。

また、通気性が高いことから、カビやダニの発生を防ぎやすく、衛生的に使いやすくなっています。

ポケットコイルマットレスの選び方

体圧分散性を重視してポケットコイルマットレスを購入したいと思っている方は、以下のポイントに注目してマットレスを選びましょう。

  • 並行配列か交互配列かで選ぶ
  • コイルの質や密度で選ぶ
  • 防ダニ加工・防臭加工の有無で選ぶ

ポケットコイルの基本的な配列方法は、「並行配列」と「交互配列」の2つに分類されます。

並行配列は、コイル同士の間に隙間ができるため寝返りを打ちやすく、交互配列は、コイル同士の間に隙間がないため耐久性に優れています。

また、コイルの密度が低ければふんわりとした寝心地、高ければ体をしっかり支える寝心地になるのが一般的です。コイル高が高いマットレスのほうが体圧分散性も高くなるため、こちらも忘れずにチェックしてください。

配列やコイルの密度に加えて、劣化を防ぎながら長く使うためにも、防臭・防ダニ加工は要チェックです。ベッドは湿気が溜まりやすく、カビやダニが発生しやすい環境なので、衛生的に使うためにも防臭・防ダニ加工が施されたものがおすすめだといえます。

マットレスで体圧分散性以外にもチェックすべきポイント

マットレスを購入する際には、体圧分散性以外にも注目したいポイントがあります。

  • マットレスの反発力
  • マットレスの硬さ
  • マットレスの通気性

ここでは、上記3つのポイントについて詳細を解説します。

マットレスの反発力

マットレスを選ぶ際には、適度な反発力があるものを選びましょう。マットレスに適度な反発力があれば、体が押されるようにして寝返りを打ちやすくなります。

反発力があることで体が支えられるため、体が過度に沈み込まず、寝姿勢が崩れるのを防ぎやすいところもメリットです。

正しい寝姿勢で眠ってスムーズに寝返りを打てるようになれば、全身にかかる負荷がマットレスに上手く分散されて、睡眠の質も向上することが期待できます。

マットレスの硬さ

マットレスは、硬すぎても柔らかすぎても良くありません。自分にとって「ちょうど良い硬さ」だと感じるものを選ぶことが大切です。

柔らかすぎるマットレスを使った場合、体圧が集中しやすい腰部分が沈み込んで「くの字」の姿勢になります。

硬すぎるマットレスでは、くびれがある腰部分とマットレスの間に隙間が生じることで、腰や背中が緊張した状態になります。

このように崩れた姿勢で寝ていると、腰や背中に負担が集中して、体に痛みが生じる可能性があるため、硬すぎず柔らかすぎないマットレスを選ぶようにしましょう。

マットレスの通気性

マットレスは寝汗によって蒸れやすいため、通気性の高いものを選びましょう。

人間は、寝ている時にコップ約1杯分の汗をかくため、肌が直接触れるマットレスは意外と汚れています。通気性が悪いマットレスでは、寝汗も蒸発しづらくなるでしょう。

カビは湿気が高い環境で発生しやすく、汚れを栄養分として繁殖するため、通気性の悪さがカビの繁殖を助長する可能性もあります。

また、通気性が高いマットレスを使えば、汗が蒸発することで体温が下がるため、寝付きやすくなる点もメリットです。

寝具を長く清潔に使うためだけでなく、寝苦しさの解消のためにも、通気性に優れているマットレスを選ぶことをおすすめします。

体圧分散性に優れたNELLマットレスなら睡眠の質を高めやすい

体圧分散性に優れているマットレスをお探しの方は、ぜひNELLマットレスをお試しください。

NELLマットレスは、内蔵されたコイルが独立した構造の「ポケットコイルマットレス」です。一般的なマットレスの約2倍のコイルを内蔵しており、各コイルが体の曲線に沿って細かく反発するため、体圧をバランスよく分散しやすくなっています。

また、背中から腰といった中心部を硬めに設計した「センターハード構造」を採用しているところも特徴です。腰部分の弾力を強化しているため、体の極端な沈み込みを防ぐことができ、心地良い寝返りをサポートしやすくなっています。

さらに、通気性の妨げとなる分厚いウレタンは使用していません。薄いウレタンと不織布を交互に重ねた独自の13層構造を採用しているため、高い通気性を維持しやすくなっています。

NELLマットレスの料金やコイル数など、そのほかの詳細は、以下の一覧表よりご確認ください。

値段(税込)75,000円/シングル
90,000円/セミダブル
105,000円/ダブル
130,000円/クイーン
150,000円/キング
コイル数1,173個/シングル
1,479個/セミダブル
1,734個/ダブル
1,989個/クイーン
2,397個/キング
送料無料
(沖縄県本島を除く)
返品(※)返品・全額返金可能
(商品到着後14日以降120日以内)
保証期間10年間

(※)最低14日間の試用が必要です

NELLマットレスでは、120日間のフリートライアル期間を設けているため、実際にマットレスの寝心地を試してみたい場合はぜひご活用ください。

万が一、NELLマットレスが体に合わなかった場合も、商品が到着してから14日以降120日以内であれば、返品と返金に応じています。

NELLマットレスのより詳細な情報を知りたい方は、以下の公式サイトをご覧ください。

まとめ

マットレスの体圧分散性の高さは、寝返りのしやすさや睡眠の質に直結する大切なポイントです。体の一部に体圧が集中するのを防ぐためにも、体圧分散性に優れており寝心地良く感じるマットレスを使いましょう。

新たにマットレスを購入する際には、体圧分散性だけでなく、反発力通気性も要チェックです。適度な反発力があれば寝返りを打ちやすくなり、通気性が高ければ衛生的に使いやすくなります。

体圧分散性を重視してマットレスを探している方には、NELLマットレスがおすすめです。NELLマットレスは、体圧分散性の高さだけでなく、通気性の高さなどさまざまな魅力があるため、ぜひこの機会にお試しください。

ページのトップへ