1. NELL
  2. WENELL
  3. ワンルームにベッドは置ける?おすすめの種類や設置する際の注意点など解説
2022.04.28

ワンルームにベッドは置ける?おすすめの種類や設置する際の注意点など解説

ワンルームにベッドは置ける?おすすめの種類や設置する際の注意点など解説

ワンルームの部屋に住んでおり、「ベッドで寝たい」と考えている方のなかには、「そもそもワンルームにベッドは置けるのか?」と不安に思っている方はたくさんいらっしゃると思います。

ワンルームにベッドを置けるとしても、どのくらいのサイズのベッドが良いのかわからなければ、部屋に合ったベッドを選ぶのはなかなか困難です。

また、ベッドを選ぶ際にはサイズ以外にも、収納導線など、気を配るべきポイントがいくつもあります。

この記事では、ワンルームの部屋にもベッドは設置できるのか、ワンルームに置けるベッドの種類、ワンルームにベッドを置く際の注意点などについて説明します。ワンルームに置けるベッドを探している方は、ぜひご一読ください。

  1. ワンルームの部屋にもベッドは設置できる
  2. ワンルームでもベッドの設置をおすすめする理由
  3. 良質な睡眠に繋がりやすい
  4. ベッドがソファ代わりになる
  5. おしゃれな空間を演出できる
  6. ワンルームに置けるベッドの種類
  7. ワンルームにベッドを置く際の注意点
  8. 収納スペースが足りるか確認する
  9. 生活導線を確保する
  10. 配置する場所に注意する
  11. ワンルームにベッドを置くならマットレスの質も重要
  12. NELLマットレスはワンルームの広さに応じてサイズが選べる
  13. まとめ

ワンルームの部屋にもベッドは設置できる

結論からお伝えすると、4.5畳~6畳ほどの狭い部屋であってもベッドを置くことは可能です。ただし、狭い部屋にベッドを置く場合は、配置場所などに工夫が必要となります。

ベッドのサイズにはシングルやダブルなどといったバリエーションがあるため、それぞれのサイズを把握しておくことで、ワンルームに置けるベッドを選びやすくなるでしょう。シングルからキングまで、各サイズの大きさは以下のとおりです。

サイズ
シングル95cm195cm
セミダブル120cm195cm
ダブル140cm195cm
クイーン160cm195cm
キング190cm195cm

上記以外にも、ジュニアやセミシングルといった小さめサイズもありますが、成人男性もしくは成人女性が利用する場合は、シングルより大きなサイズを利用することが一般的です。

例えば、ワンルームのなかでも広さが6畳ほどある場合、シングル~キングのサイズまで設置すること自体はできるでしょう。シングルであれば、ほかの大型家具を置くスペースも確保できそうです。

ただし、6畳の部屋にキングサイズのベッドを設置してしまうと、ほかの家具を置く余裕はほぼなくなります。大きいベッドがワンルームにあれば部屋にも圧迫感が出てしまうため、あまり現実的ではないでしょう。

表の寸法を参考にして、自分の部屋の広さとの兼ね合いを考えつつ、どのサイズを置くかを検討する必要があります。また、ベッドのサイズによっては、大きすぎて玄関から搬入できない可能性もあるため、その点も考慮しなくてはなりません。

ワンルームでもベッドの設置をおすすめする理由

ワンルームにベッドを置くと、それだけで部屋のスペースが埋まってしまうことが気になる方もいらっしゃるでしょう。しかし、以下のような理由から、ワンルームでもベッドを設置することがおすすめだといえます。

  • 良質な睡眠に繋がりやすい
  • ベッドがソファ代わりになる
  • おしゃれな空間を演出できる

それぞれの理由について、詳しく説明します。

良質な睡眠に繋がりやすい

十分な睡眠時間を確保して質の良い睡眠をとることは、毎日を快適に過ごすために非常に重要だといえます。使っている寝具が体に合っていなければ、体に痛みが生じたり寝心地が悪く感じたりする可能性があるため、睡眠の質を高めるためにも寝具の質にはこだわりたいところです。

ベッドは機能性に優れていることが多く、通気性に優れたものや防ダニ加工してあるもの、体圧分散性に優れたものなど、寝心地を追求して開発された商品がたくさん販売されています。

機能性に優れており「寝やすい」と感じるベッドを使用すれば、スムーズに寝返りを打ちやすくなることで体への負担も軽減しやすくなり、睡眠の質が高まることも期待できるでしょう。

ベッドがソファ代わりになる

ワンルームに住む方は、一般的に一人暮らしをしていることが多いと思います。せっかく一人暮らしを始めたなら、ワンルームだけどソファを置きたいと考える方も多いでしょう。

しかし、ワンルームの大きさにもよりますが、ソファとベッドの両方を置くことは難しいケースも多いです。

そこで高さが低めのベッドを選べば、ベッドに腰かけて座ってソファのように使うこともできるため、ベッドとソファの二役をこなすことができます。

おしゃれな空間を演出できる

ワンルームにベッドを設置するのは、部屋をおしゃれに見せたい方にもおすすめです。ベッドはヘッドボードにおしゃれな棚が付いていたり、木の柔らかい風合いを感じられたりと、デザイン性に優れているものも多くあり、インテリアとしても優れています。

部屋全体の雰囲気とベッドの雰囲気を合わせることで、簡単におしゃれな空間を演出することが可能です。ベッド選びの際に機能を考慮するのはもちろんですが、部屋の雰囲気づくりを重視する方は、デザイン性も意識すると良いでしょう。

ワンルームに置けるベッドの種類

ワンルームでもベッドが設置できるとはいっても、置けるベッドの種類はある程度限られてきます。ワンルームに置きやすいベッドの種類とその特徴を、以下に表でまとめました。

ベッドの種類特徴
ローベッド・フロアベッド・高さが低いため部屋に解放感が生まれる
・おしゃれなデザインが多い
引き出し付き収納ベッド・ベッド下部に収納スペースを確保できる
・デザインのバリエーションが多い
チェストベッド・引き出し付き収納ベッド以上の収納力がある
・ソファ代わりとしても利用できる
跳ね上げ式ベッド・収納スペースが広いため大きなものでも収納できる
ヘッドボード付きベッド・ヘッドボードを棚代わりに利用できる

ローベッドやフロアベッドは全体的な高さが低いため、部屋に圧迫感を生むことなく、広々とした空間を演出できます。床からの高さも低いので、寝相が多少悪い方でも安心して利用できるでしょう。

引き出し付き収納ベッドは、部屋の収納力に不安がある方におすすめのベッドです。デザインの種類が多いため、好みのベッドを見つけやすいこともメリットとして挙げられます。

チェストベッドも収納スペースを備えており、その収納力は引き出し付き収納ベッド以上です。腰かけやすい高さのものが多いため、ソファ代わりとしても利用しやすいでしょう。

跳ね上げ式ベッドは、引き出し付き収納ベッドやチェストベッド以上の収納力を備えているため、物が多い方には特に向いています。引き出しを引き出すスペースを必要としないので、壁の近くにベッドを置いても問題ありません。

ヘッドボード付きベッドは、インテリアとしてもおしゃれな雰囲気を演出できます。ヘッドボードを棚代わりに利用することもできるため、スマホや目覚まし時計などを置くのも良いでしょう。

このように、それぞれのベッドに良さがあるので、自分の好みや部屋の収納スペースなどを踏まえたうえで選ぶようにしましょう。

ワンルームにベッドを置く際の注意点

ワンルームにベッドを置く際の注意点

ワンルームにベッドを置く際は、以下のようなことに注意する必要があります。

  • 収納スペースが足りるか確認する
  • 生活導線を確保する
  • 配置する場所に注意する

それぞれの注意点について、詳しく説明します。

収納スペースが足りるか確認する

部屋に収納スペースが十分あるかどうかで、利用すべきベッドの種類も変わってきます。収納スペースが十分ある場合は、ベッド自体に収納の機能を持たせる必要はありません。

一方、収納スペースが足りないと感じる場合は、収納付きベッドを利用するなどして収納を確保したほうが良いといえます。上述した引き出し付き収納ベッドや跳ね上げ式ベッドなどのなかから、荷物の量に合わせて適するベッドを選びましょう。

生活導線を確保する

ベッドを含めた家具をギリギリ配置できたとしても、生活導線を確保できていなければ、快適な生活を送ることは難しいです。ベッドを配置した後で自分が通れるスペースがあるか、ドア・窓・クローゼットを無理なく開けられるかなどは、きちんと確認しておく必要があります。

人がスムーズに通るためには、ベッドと壁の間に50cm~60cmほど必要です。引き出しの開閉には70cmほど空けておくのが一般的ですが、引き出しの奥行きも考慮しなければならない点は覚えておきましょう。

配置する場所に注意する

ベッドを配置する場所によって、有効活用できる部屋のスペースは変わってきます。例えば、広くないワンルームの真ん中にベッドを置けば、導線が確保できず生活しづらくなることは想像に容易いでしょう。

部屋を最も広く利用できるのは、ベッドを部屋の角にぴったり付ける配置の方法です。角に付けることが難しい場合でも、なるべく壁に付けたほうが部屋を広く使えます。その際には、上述した生活導線を意識することも忘れないようにしましょう。

ワンルームにベッドを置くならマットレスの質も重要

ベッドはベッドフレームだけで利用するのではなく、マットレスと一緒に利用するものです。そのため、ワンルームに置くベッドを探しているなら、マットレス選びにもこだわることをおすすめします。

ワンルームに住むのは一人暮らしの方も多いですが、そのなかには初めての一人暮らしの方もいらっしゃるでしょう。慣れない仕事や家事などで疲れて日々大変だろうと思われるため、熟睡して疲れをとるためにも、質が高く「寝やすい」と感じるマットレス選びを心がけることが望ましいといえます。

自分にとって十分な睡眠時間を確保して快適に眠るためには、上手に寝返りを打つことが重要です。就寝中、体圧による負担が体にかかり続けた状態なので、寝返りを打つことで体圧が分散されやすくなります。体圧分散性に優れており適度な反発力があるマットレスを選ぶことで、スムーズに寝返りを打ちやすくなり、体にかかる負担を軽減させることも期待できるでしょう。

NELLマットレスはワンルームの広さに応じてサイズが選べる

ベッドと一緒に利用するマットレスを選ぶ際には、ぜひNELLマットレスをご検討ください。NELLマットレスは、一般的なマットレスの約2倍の数のコイルを用いた「ポケットコイルマットレス」なので、体圧分散性に優れています。

腰から背中部分を硬めに、それ以外の部分を柔らかめにした「センターハード構造」を採用しているところもポイントです。適度な反発力によって体が押されるようにして、ストレスのない寝返りをサポートしやすくなっています。

ワンルームに置けるベッドフレームはある程度限られてくるため、マットレスの厚さを気にする方は多いかもしれません。その点、NELLマットレスの高さは21cmなので、どのようなベッドに合わせても使いやすい高さとなっています。

サイズに関しても、シングル~キングまで豊富なラインナップがあるため、ワンルームの広さに応じてぴったりのサイズを選びやすいでしょう。各サイズにおける値段やコイル数などの詳細は、以下のとおりです。

値段(税込)75,000円/シングル
90,000円/セミダブル
105,000円/ダブル
130,000円/クイーン
150,000円/キング
コイル数1,173個/シングル
1,479個/セミダブル
1,734個/ダブル
1,989個/クイーン
2,397個/キング
送料無料
(沖縄県本島を除く)
返品返品・全額返金可能
(商品到着後14日以降120日以内)
保証期間10年間

(※)最低14日間の試用が必要です

NELLマットレスでは120日間のフリートライアル期間を設けているため、初めての一人暮らしでベッドを購入する方でも、安心して使い心地を試すことができます。耐久保証も10年間という期間を設けているので、気に入った場合には長く使い続けやすいでしょう。

ベッドと一緒に利用するマットレスの購入を考えている方は、ぜひNELLマットレスを検討してみてください。

まとめ

ワンルームの部屋であっても、ベッドを置くことは十分可能です。ただし、大きいサイズのベッドを置くと生活しづらくなる可能性もあるため、部屋の広さに応じてサイズを選ぶ必要があります。

例えば、部屋の収納スペースに不安がある場合は収納付きベッド、開放感がほしいならローベッドといったように、好みに応じてベッドの種類を選ぶと良いでしょう。

そこまで広くないワンルームの場合、生活導線を確保することと、配置の仕方を工夫することはマストです。また、ベッドだけでなくマットレスの質にもこだわることで、快適なワンルーム生活を送りやすくなるでしょう。

NELLマットレスはサイズ展開も豊富で、体圧分散性に優れていることから理想的な寝姿勢を保ちやすくなっています。ワンルームで利用するマットレスをお探しの場合は、ぜひNELLマットレスの詳細を以下の公式サイトからご覧ください。

ページのトップへ