1. NELL
  2. WENELL
  3. 雨が降ると安眠できるのはなぜ?雨音と安眠の関係や睡眠の質を高める方法を説明
2022.08.05

雨が降ると安眠できるのはなぜ?雨音と安眠の関係や睡眠の質を高める方法を説明

雨が降ると安眠できるのはなぜ?雨音と安眠の関係や睡眠の質を高める方法を説明

雨が降ると安眠できる、もしくは安眠できるような気がすると感じる方もいるでしょう。

雨音は安眠に対して、どのような効果があるのでしょうかまた、雨音以外に安眠に効果的な音や音楽があるのかも気になるところです。

この記事では、雨音と安眠の関係や雨音以外に安眠に効果のある音・音楽、雨音以外に睡眠の質を高める方法などに関して、説明します。

  1. 雨音と安眠の関係
  2. 雨音は高周波を含んでいる
  3. 「1/fゆらぎ」を持っている
  4. 洗い流す感覚がある
  5. 睡眠以外にも雨音は効果的
  6. 雨音以外の安眠に効果がある音楽
  7. クラシック
  8. 歌詞がない音楽
  9. 雨音以外に睡眠の質を高める方法
  10. 寝る前にストレッチなど軽く体を動かす
  11. 就寝3時間前までに夕食を摂り、規則正しい食生活を意識する
  12. 温かい飲みもので体温を上昇させる
  13. 就寝前のアルコールやカフェインの摂取を控える
  14. アロマを焚く
  15. 体に合う寝具(マットレスや枕など)を使う
  16. まとめ

雨音と安眠の関係

雨音と安眠の関係

雨音が安眠に効果的な理由としては、主に以下のような要素が挙げられます。

  • 雨音は高周波を含んでいる
  • 「1/fゆらぎ」を持っている
  • 洗い流す感覚がある

それぞれに関して、詳しく説明します。

雨音は高周波を含んでいる

雨音は、人の耳では聴き取ることができないような高周波も含んでいます。

人が聴きとることができる帯域以上の音は「ハイパーソニック」と呼ばれ、ハイパーソニックと耳で聴こえる音をともに体感することで、体や心を司る脳機能が活性化されることが知られています。また、ハイパーソニックに触れると脳からα波が発せられて脳がリラックスして、安眠に繋がります。

「1/fゆらぎ」を持っている

1/fゆらぎ」とは、自然音の中に含まれる音のゆらぎのことを指します。この「1/fゆらぎ」には、ある程度一定のリズムはあるものの、決して規則的ではない独特の揺れであるという特徴があります。人体も鼓動や血圧・体温のように、規則的なものと不規則的なものが入り混じっています。

この生体リズムと雨音が持つ「1/fゆらぎ」は、互いに呼応し合って心地良いものとして受け止められるとされています。そのため、雨音を聴くことで安眠できると考えられているのです。

洗い流す感覚がある

雨音は文字どおり「雨が降ってきている時の音」であり、雨によってさまざまなものが洗い流されていく感覚になります。

そのため、心に抱えているストレスや鬱屈としたものが雨音によって流されることで、リラックスしやすくなります。これはあくまで感覚的なものではありますが、上述したような高周波や「1/fゆらぎ」などと合わさって、安眠に効果があると考えられています。

睡眠以外にも雨音は効果的

雨音が安眠に効果があるのは、主に高周波や「1/fゆらぎ」によるリラックス効果のおかげです。そのため、睡眠以外のことにも効果があると考えられます。

例えば、リラックスすることによって集中力が増して作業効率が上がったり、ストレスが軽減して心穏やかに過ごせるようになったりといったことが、具体的な効果として挙げられるでしょう。

雨音以外の安眠に効果がある音楽

安眠に効果があるのは雨音だけではありません。雨音以外の安眠に効果がある音楽としては、「クラシック」や「歌詞がない音楽」などが挙げられます。それぞれに関して、以下で説明します。

クラシック

高周波が含まれている音楽は安眠に効果がありますが、その中でも代表的なのはクラシックです。ただ、すべてのクラシック音楽に高周波が含まれているわけではありません。

ベートーヴェンやバッハ・モーツァルトなどの曲が高周波が含まれていることが多いので、いくつか聞いてみて安眠できそうかどうかを確認してみると良いでしょう。

歌詞がない音楽

歌詞のある音楽は、歌詞の意味を考えたり理解したりしようとして脳が働いてしまいます。また、歌詞の内容によっては興奮したりテンションが上がったりして、安眠を妨げてしまう可能性もあるでしょう。

上述したようなクラシックや環境音、オルゴール調にアレンジされた曲のような歌詞がない音楽がおすすめです。

雨音以外に睡眠の質を高める方法

雨音を聴く以外で睡眠の質を高める方法としては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 寝る前にストレッチなど軽く体を動かす
  • 就寝3時間前までに夕食を摂り、規則正しい食生活を意識する
  • 温かい飲みもので体温を上昇させる
  • 就寝前のアルコールやカフェインの摂取を控える
  • アロマを焚く
  • 体に合う寝具(マットレスや枕など)を使う

それぞれの方法に関して、詳しく説明します。

寝る前にストレッチなど軽く体を動かす

人の体は、内蔵の体温である「深部温度」が下がることで、自然と眠気を生じるようになっています。普段は手足などの末端部分から熱を放出して温度を下げていますが、血行が悪いと上手く熱が放出されないためなかなか寝付けずに、睡眠の質が低下しやすいです。

足裏や手先といった末端部分のストレッチを行って血行を良くすることで、熱を上手く放出できるようになり、睡眠の質が向上するでしょう。

就寝3時間前までに夕食を摂り、規則正しい食生活を意識する

規則正しい食生活を心がけることも、睡眠の質を高めるためには効果的です。

寝る直前に食事をすると、食べたものを消化するために胃腸が活発に動いている状態で眠りにつくことになるため、食事をとるタイミングにも注意する必要があります。

食べたものを胃腸が分解し終わるには、約3時間が必要なので、寝る時間から逆算して夕食を食べ終える時間を決めることを心がけましょう。

温かい飲みもので体温を上昇させる

温かい飲みものは、体の内側から体温の上昇を促す作用があります。上述したように深部体温が下がると眠気も自然と生じるので、睡眠前に温かい飲みものを飲むことは、睡眠のリズムを整えるという点で非常に効果的です。

ただし、カフェイン入りのものを飲むと目が冴えて眠りにくくなるので、ハーブティーや白湯などのノンカフェインのものを選ぶようにしましょう。

就寝前のアルコールやカフェインの摂取を控える

アルコールは、神経に作用したり代謝によって尿意をもたらしたりする可能性があるので、睡眠前にお酒を飲むことは控えたほうが良いでしょう。

また、先ほども少し触れましたが、カフェインには覚醒作用があります。コーヒー・緑茶・チョコレートといったカフェインを含むものを摂取することも、就寝の3〜4時間前からは控えることが賢明です。

アロマを焚く

リラックスすると副交感神経が優位になるので、眠りにつきやすくなります。代表的な方法としてはアロマを焚くなどが挙げられますが、上述したようにぬるめのお風呂にゆっくりと浸かるのも良いので、自分なりの方法でリラックスしましょう。

体に合う寝具(マットレスや枕など)を使う

睡眠環境を見直して体に合った寝具を使うことでも、眠りの質を高められる可能性があります。今利用しているものよりも自分に合った寝具を選ぶことで、熟睡しやすくなるかもしれません。

特に寝具の硬さ体圧分散性は睡眠の質に大きく影響するので、それらの点を意識して寝具選びを行うことで、睡眠環境を効果的に改善できるでしょう。

まとめ

雨音には高周波が含まれており、「1/fゆらぎ」を持っていることなどから、安眠に効果があると考えられています。高周波や「1/fゆらぎ」によるリラックス作用は安眠だけでなく、作業効率を高めたり心穏やかに過ごしたりといったことにも効果的です。

雨音以外に睡眠の質を高める方法としては、寝る前にストレッチをする、温かい飲み物で体温を上昇させるなどの方法が挙げられます。そういった方法も上手く取り入れながら、毎日安眠できるよう意識すると良いでしょう。

ページのトップへ