NELL
  1. NELL
  2. WENELL
  3. 新婚の2人におすすめのベッドは?選ぶ際のポイントやマットレスも紹介
2023.01.23 更新

新婚の2人におすすめのベッドは?選ぶ際のポイントやマットレスも紹介

新婚の2人におすすめのベッドは?選ぶ際のポイントやマットレスも紹介

結婚したばかりで、ベッドの購入を検討しているという夫婦もいると思います。

新婚でベッドを購入する場合におすすめのベッドのサイズや、ベッドは1台が良いのか2台が良いのかなどは、気になるところでしょう。

また、ベッドと一緒にマットレスも利用しますが、快適に眠るためにはどのような点に着目してマットレスを選ぶべきか把握しておくべきです。

この記事では、新婚の2人におすすめのベッドのサイズや台数ベッドと一緒に利用するマットレスを選ぶ際のポイントなどについて、説明します。

新婚の2人におすすめのベッド

新婚の2人におすすめのベッド

新婚の2人におすすめのベッドのサイズおよび台数としては、以下のようなパターンが挙げられます。

  • シングル2台
  • セミダブル2台
  • ダブル1台
  • クイーン1台
  • キング1台

それぞれについて、詳しく説明します。

シングル2台

別々のベッドで寝る場合は、お互いの体格にもよりますが、シングルサイズのベッドを2台並べて寝るのでも十分です。サイズとしては、「幅190cm~195cm程度×縦195cm~200cm程度」となります。仕事の都合などで布団に入る時間がバラバラでも、マットレスの振動で相手を起こしてしまう心配もありません。

セミダブル2台

体格が少し大柄、ゆったりとした睡眠スペースが欲しい、寝返りを打つことが多いというような場合は、セミダブルサイズのベッド2台がおすすめです。サイズとしては、「幅240cm程度×縦195cm~200cm程度」となります。

シングル2台よりはスペースが必要になるので、ベッドを配置しても生活導線を確保できるかどうか、事前に確認しておきましょう。

ダブル1台

同じベッドで一緒に寝る場合で、お互いそこまで体格ががっしりしていなければ、ダブルサイズのベッド1台で十分でしょう。サイズは、「幅140cm程度×縦195cm~200cm程度」となります。一緒のベッドで寝ることで2人の距離が近くなるため、一体感が持てるでしょう。

クイーン1台

ダブルサイズのベッド1台では少し窮屈という場合は、クイーンサイズのベッドを利用することがおすすめです。サイズは、「幅160cm程度×縦195cm~200cm程度」となります。ダブルサイズと比べると少し幅が広くなるので、多少寝返りを打てる程度の余裕が生まれます。

キング1台

同じベッドで寝る場合でもゆったりとしたスペースを確保したいという場合は、キングサイズのベッドを利用すると良いでしょう。サイズは、「幅180cm程度×縦195cm~200cm程度」となります。キングサイズともなると、一つのベッドながらお互い別のベッドで寝ていると感じられるぐらい、スペースに余裕があります。

ただし、キングサイズは部屋を圧迫する恐れがあるので、用途によっては離して使うこともできる「シングル2台を並べて利用した方が便利です。

同じベッドか別々かを話し合おう

新婚だからと言って、同じベッドで寝なければならないわけではありません。ベッドに入る時間が異なる場合や好みのマットレスのタイプが違う場合、お互いの体格に差がある場合などは、別々のベッドを利用したほうが良いことも考えられます。

また、お互い別々のベッドを利用する場合は、同じ部屋で寝るのか別の部屋で寝るのかという点も、相談したほうが良いでしょう。睡眠は毎日の生活を支える重要なものなので、お互いしっかりと納得したうえで決めることが重要です。

連結ベッドを選ぶのも手

連結ベッドとは、ベッド同士を連結させられる構造を持ったベッドのことです。単純に2台のベッドをくっつけているのではなく、連結用のパーツでくっつけているため、ベッド同士がズレにくいというメリットがあります。

パッと見では一つの大きなベッドなものの、2つのベッドが連結している構造のため、寝返りなどの振動も伝わりにくいです。

連結させられる構造はありますが、連結せずにそれぞれ別のベッドとして利用することもできます。そのため、連結させて使うパターンと別々に使うパターンを試したうえで、より良いほうを選ぶことも可能です。

ベッドのマットレスを選ぶ際のポイント

快適に眠るためには、ベッドのサイズや台数だけでなく、マットレス選びも重要です。ベッドと一緒に利用するマットレスを選ぶ際のポイントとしては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 並行配列か交互配列かで選ぶ
  • 通気性、ダニや防臭加工の有無で選ぶ
  • 性別や体型で選ぶ

それぞれについて、詳しく説明します。

並行配列か交互配列かで選ぶ

マットレスにはコイルタイプとノンコイルタイプがあり、コイルタイプのマットレスはさらにポケットコイルとボンネルコイルに分類されます。ポケットコイルのマットレスを選ぶ場合、中のコイルの配列には並行配列と交互配列という種類があります。

並行配列ではコイル同士が平行に配置されるため、コイルの間に隙間ができてソフトな寝心地になります。弾力性がある程度感じられ、寝返りを打ちやすいこともメリットです。

交互配列ではコイル同士を交互に配列するため、コイルの間にあまり隙間ができません。そのため少し固めの寝心地になり、耐久性もしっかりしています。

マットレスにどのような特徴を求めるかによって、どちらの配列のほうが良いかは変わってくるので、自分の理想とするマットレスをイメージしたうえでマットレス選びを行いましょう。

通気性、ダニや防臭加工の有無で選ぶ

通気性はマットレスを長く使い続けるために重要なので、その点にどの程度配慮できているかも、マットレス選びにおける重要なポイントの一つです。通気性の良さは湿気の溜まりやすさに関わりますが、湿気はダニや臭いの原因にもなるので、防ダニ・防臭加工が施されているかどうかも重要です。

長く快適に使い続けるためには、妥協できない部分と言えるでしょう。

性別や体型で選ぶ

体圧分散値が高いマットレスは、万人に合う可能性が高いです。ただ、小柄な女性には硬すぎるマットレスはあまりおすすめできないので、ふんわりと沈み込むようなマットレスを中心に検討すると良いでしょう。

大柄な男性の場合は、ある程度寝返りを打ちやすいものを選んだほうが、腰痛が悪化したり睡眠の質が低下したりといったことを避けられるでしょう。

ベッドで寝るならマットレス選びも重要

ベッドで快適に寝るためには、マットレスにこだわることが重要です。寝心地の良いマットレスをお探しの方には、NELLマットレスがおすすめです。NELLマットレスには一般的なマットレスの約2倍の数のコイルが用いられているため体圧分散性が高く、寝心地が非常に良いです。

また、腰から背中部分を硬めに、それ以外の部分を柔らかめにした「センターハード構造」により、ストレスなく自然に寝返りを打つことができます。

薄いウレタンと不織布を交互に重ねた独自の13層構造を採用しており、高い通気性を維持しています。マットレスの高さは21cmと、どのようなベッドに合わせても使いやすい高さとなっています。

サイズに関しても、シングル~キングまで豊富なラインナップがあるので、夫婦で相談してちょうど良いサイズのものを選ぶことができます。

NELLマットレスの詳細は、以下の通りです。

NELLマットレス
上質な寝心地を実現するために、寝返りに特化したマットレス。 期間限定セール実施中!全サイズ15%OFF


シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングの各サイズにおける「価格(税込)/コイル数/送料/返品/保証期間」を、以下に表でまとめました。

サイズ価格(税込)コイル数送料返品保証期間
シングル75,000円1,173個無料(※1)可(※2)10年
セミダブル90,000円1,479個無料(※1)可(※2)10年
ダブル105,000円1,734個無料(※1)可(※2)10年
クイーン130,000円1,989個無料(※1)可(※2)10年
キング150,000円2,397個無料(※1)可(※2)10年

実際にNELLマットレスを利用している方からも、寝心地や使い勝手の良さに関して、以下のようなレビューを多数いただいています。

ライトブルー

Sparda

「寝起きのだるさが無い」

口コミの初めて高額なマットレスを購入し1週間使ってみましたが寝起きのだるさが全くない。 毎日使う事を考えると中々に良い買い物をしたと感じております。

ライトブルー

Mashika

「ぐっすりです」

口コミの内容今までお布団派だったため初めてのマットレス購入に不安があり返品ありきで購入しました。でも1晩寝ただけで「最高!!返品な~し!!」となりました。ありがとうございます。

ライトブルー

トクホ

「寝るのが楽しみに!」

口コミ購入して1週間ですが、マットレスに寝転がった瞬間の包み込んでくれる感覚が最高です、寝るのが本当に楽しみになりました。また、これまで起きた時に感じていたダルさが軽減されているのが実感できます。良い買い物をしました。

合うかどうか分からないマットレスを購入するのは不安かもしれませんが、NELLマットレスには120日間のフリートライアルが設けられているので、安心して試すことができます。耐久保証も10年間となっているので、気に入った場合は長く使い続けることが可能です。

ベッドと一緒に利用するマットレスの購入を検討されている方は、ぜひNELLマットレスを検討してみてください。

(※1)沖縄県と離島を除く

(※2)14日間以上の利用が条件

まとめ

新婚の2人におすすめのベッドのサイズや台数としては、セミダブル2台やダブル1台などさまざまなパターンが考えられます。新婚と言えども必ずしも同じベッドで寝る必要はないので、ベッドに入る時間や好みのマットレスのタイプなどを踏まえて、同じベッドで寝るのか別のベッドで寝るのかを話し合うと良いでしょう。

快適に眠るためには、ベッドサイズだけでなくマットレスも重要な要素です。NELLマットレスはサイズ展開も非常に豊富で、高い体圧分散性のおかげで理想的な寝姿勢を維持することができますし、通気性も高く快適に眠ることができます。寝心地の良いマットレスをお探しの場合は、ぜひNELLマットレスをご検討ください。

ページのトップへ