NELL
  1. NELL
  2. WENELL
  3. 同棲するならどんなベッドを選べばいい?サイズや選ぶ際のポイントを紹介
2022.10.11 更新

同棲するならどんなベッドを選べばいい?サイズや選ぶ際のポイントを紹介

同棲するならどんなベッドを選べばいい?サイズや選ぶ際のポイントを紹介

彼氏や彼女との同棲に向けていろいろと準備を進めている方の中には、2人で一緒に利用するベッド選びに悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

2人で寝ても窮屈に感じないためにはある程度のサイズのベッドが必要になり、ベッドにどのような機能を求めるかによっても選ぶべきベッドは変わってきます。

また、同棲する部屋の間取りや広さによっても、適切なベッドのサイズは変わってくるでしょう。

この記事では、同棲する際のベッド選びのポイントや同棲におすすめのベッドのサイズ、部屋の広さ別のおすすめのベッドなどについて説明します。

  1. 同棲する際のベッド選びのポイント
  2. サイズ
  3. 機能性
  4. 2人の生活リズム
  5. 寝姿
  6. 将来への展望
  7. 同棲におすすめのベッドのサイズ
  8. 同棲で暮らす部屋の広さ別おすすめのベッド
  9. 1K~1LDK
  10. 2LDK以上
  11. 同棲で使うベッドはマットレス選びも重要
  12. まとめ

同棲する際のベッド選びのポイント

同棲する際のベッド選びのポイント

同棲する際のベッド選びのポイントとしては、主に以下のような点が挙げられます。

  • サイズ
  • 機能性
  • 2人の生活リズム
  • 寝姿
  • 将来への展望

それぞれのポイントについて、詳しく説明します。

サイズ

サイズに関しては、2人で寝ても窮屈にならない程度のものを選ばなければ、寝苦しく感じる可能性があります。詳しくは後述しますが、ダブル以上のサイズのものがおすすめです(体格的にセミダブルで問題ない可能性もあります)。

また、部屋の広さとの兼ね合いも重要で、生活導線を確保できるサイズにおさめる必要があります。

機能性

ベッドにどのような機能性を求めるかは、部屋にどのような家具を置くか、収納スペースはどの程度あるかなどによります。枕元に小さなテーブルなどを置くつもりなのであれば、ヘッドボードはなくてもかまわないでしょう。

テーブルなどを置くつもりがない場合は、スマホなどを置いておくためにヘッドボード付きのベッドが便利です。部屋に収納スペースがあまりない場合は、ベッドの下に収納スペースがあるようなものを選ぶと良いでしょう。

2人の生活リズム

仕事をする時間帯が異なるなどの理由で2人の生活リズムにズレが生じている場合は、一緒の時間にベッドに入ることができないことも考えられます。

そのような場合は、振動が伝わりにくいマットレスを選ぶことによって、振動によって寝ている相手を起こしてしまうことを避けやすくなります。また、連結ベッドを利用することでも、相手を起こす心配を減らすことができるでしょう。

寝姿

寝相の悪さいびきのうるささが、睡眠に影響を及ぼす可能性もあります。キングサイズのような大きなサイズのベッドを利用することで、影響を抑えることが可能です。どうしても一緒のベッドで寝ることが難しい場合は、別々のベッドで寝ることも検討しましょう。

将来への展望

同棲を始める時点で結婚や出産といった展望がすでにあるのであれば、子供ができても使えるように少し大きめのサイズのベッドを準備しておくと良いでしょう。将来的に生活リズムがズレることが想定されるのであれば、連結ベッドを利用するのもおすすめです。

同棲当初はベッドを連結させて2人一緒に寝て、将来的にはそれぞれ別のベッドで寝ることができます。

同棲におすすめのベッドのサイズ

2人で一緒に寝る場合、セミダブルだと窮屈になることがあるので、ダブル以上のサイズを選ぶことがおすすめです。ダブル以上のサイズにはダブル・クイーン・キングがあり、それぞれおおよそ以下のような大きさになっています。

  • ダブル:幅140cm×縦195cm
  • クイーン:幅160cm×縦195cm
  • キング:幅190cm×縦195cm

また、大きめのサイズのベッドを1台利用するのではなく、シングルベッドを2台並べて寝るという方法もあります。同じベッドで寝ない場合は、お互いの体格にもよりますが、シングル~セミダブルで十分なケースが多いです。

同棲で暮らす部屋の広さ別おすすめのベッド

同棲で暮らす部屋の広さによっても、おすすめのベッドサイズやベッドの配置は異なります。部屋の広さが「1K~1LDK」の場合と「2LDK以上」の場合に分けて、おすすめのベッドサイズや配置について説明します。

1K~1LDK

1K~1LDKの場合、「1」となる部屋にベッドを配置することが一般的でしょう。その部屋の広さがどの程度かによって、利用するべきベッドサイズも変わってきます。5~6畳の場合は、ベッドが大きすぎるとほかの家具が置きにくくなるので、ダブルサイズやクイーンサイズがおすすめです。

7~8畳の場合は、部屋の形状にもよるものの、クイーンサイズやキングサイズでも問題なく置くことができます。ベッドを置く場所を仮決定して、その周辺に家具を無理なく置いて使うことができるかどうかで、判断すると良いでしょう。

2LDK以上

2LDK以上の場合でも、カップルで同じベッドを利用するのであれば、ベッドは1台でOKです。ベッドサイズに関する考え方は1K~1LDKの場合と同じで、その部屋の広さや形状をもとにして考えましょう。

別々のベッドを利用する場合、2つの部屋にそれぞれベッドを置くパターンもあれば、一つの部屋にベッドを2台置くパターンもあるでしょう。一つの部屋にベッドを2台置く場合は、ベッドを1台だけ置く場合よりも制限が厳しくなる可能性が高いです。生活導線を意識しながらベッドを配置することを、心がけましょう。

同棲で使うベッドはマットレス選びも重要

同棲する際のベッド選びはもちろん重要ですが、ベッドはマットレスと一緒に利用します。そのため快適に眠るためには、マットレスも自分に合ったものを選ぶことが重要です。ベッドと一緒に利用するマットレスをお探しであれば、NELLマットレスがおすすめです。

NELLマットレスには一般的なマットレスの約2倍の数のコイルが用いられています。そのため非常に体圧分散性が高く、寝心地に配慮した構造です。また、腰から背中部分を硬めに、それ以外の部分を柔らかめにした「センターハード構造」により、ストレスなく自然に寝返りを打つことができます。

薄いウレタンと不織布を交互に重ねた独自の13層構造を採用しているため、通気性も高いです。実際にNELLマットレスを利用している方からも、寝心地や使い勝手の良さに関して、以下のようなレビューを多数いただいています。

ライトブルー

とみ

「いい」

前まで使っていたマットレスより反発力がありぐっすり眠れます!朝起きた時疲れも取れスッキリと目覚めることができました!

ライトブルー

はぐちこ

「快適です」

とても快適で、朝までぐっすり眠れるようになりました。

ライトブルー

と~る

「素晴らしい」

夫婦でシングル2台を揃えました。 寝心地はとても良く、夜中に目が覚めることがなくなりました。 睡眠の質が変わったようです!

NELLではダブル以上のサイズのマットレスとして、ダブル・クイーン・キングを取り扱っており、それぞれの大きさは以下のとおりです。

  • ダブル:幅140cm×縦195cm
  • クイーン:幅160cm×縦195cm
  • キング:幅190cm×縦195cm

120日間設けられているフリートライアルと10年の耐久補償により安心して購入できるので、ベッドと一緒にマットレスをお探しの方は、ぜひNELLマットレスを検討してみてください。

まとめ

同棲する際のベッド選びでは、サイズ機能性などに注意する必要があり、将来的に2人の生活リズムが変わることも考えられるのであれば、その点も考慮に入れることが望ましいです。

2人で一つのベッドに寝る場合は、ダブル・クイーン・キングといったある程度横幅のあるサイズのベッドを利用することがおすすめです。また、快適な睡眠環境を維持するためにはベッドだけでなく、マットレス選びも重要です。

NELLマットレスはサイズ展開も豊富で、高い体圧分散性のおかげで理想的な寝姿勢を維持することができ、通気性も高く快適に眠れます。ベッドと一緒にマットレスを購入する場合は、ぜひNELLマットレスをご検討ください。

ページのトップへ