1. NELL
  2. WENELL
  3. マットレスは硬めのほうがいい?柔らかめとの違いやメリット・デメリットを徹底解説!
2021.12.28

マットレスは硬めのほうがいい?柔らかめとの違いやメリット・デメリットを徹底解説!

マットレスは硬めのほうがいい?柔らかめとの違いやメリット・デメリットを徹底解説!

マットレスには硬めと柔らかめ、2つのタイプがあり、それぞれ寝心地が異なります。

硬めのマットレスが好みで購入を検討していても、何を基準に選べば良いのかわからず悩むかもしれません。マットレスは高額な出費になるため、「選び方を失敗したくない」と考える方も多いでしょう。

自分の体に合わないマットレスを購入してしまうと、肩凝りや腰痛をはじめ、さまざま体調不良に繋がるため慎重に選ぶ必要があります。

この記事では、硬めと柔らかめそれぞれのマットレス種類や、使うメリットなどを詳しく解説します。

後悔しないためにも、マットレスごとの特徴を知ったうえで好みのマットレスを選びましょう。

  1. 硬めのマットレスには3種類ある
  2. ボンネルコイルマットレス
  3. 高密度スプリングマットレス
  4. 高反発マットレス
  5. 硬めのマットレスを使う2つのメリット
  6. 変形しづらく寝返りが打ちやすい
  7. 耐久性と通気性に優れている
  8. 硬めのマットレスを使う2つのデメリット
  9. 硬すぎると腰痛の原因になる
  10. 体重と合っていないと寝心地が悪い
  11. 「超硬め」のマットレスは痛い?使い心地を解説
  12. フィット感を求めるなら柔らかいマットレスも検討しよう
  13. 柔らかいマットレスの種類
  14. 柔らかいマットレスを使うメリット
  15. 柔らかいマットレスを使うデメリット
  16. 体に合うマットレスを試したい方はフリートライアル付きのNELLがおすすめ!
  17. まとめ

硬めのマットレスには3種類ある

寝心地が硬めだといわれるマットレスには、下記のような種類があります。

  • ボンネルコイルマットレス
  • 高密度スプリングマットレス
  • 高反発マットレス

上記マットレスの特徴について、それぞれ紹介します。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスとは、連結した渦状のコイルがなかに入っているマットレスのことです。

それぞれのコイルが一体化しており「」で体を支えるため、体の一部だけが沈み込んでしまう心配がありません。

ボンネルコイルマットレスは、畳の上で寝た時のような硬めの寝心地です。体が硬い土台で支えられるため、寝返りを打ちやすいという特徴があります。

また、反発力があり耐久性が高い上に、コイルが内蔵されている構造から、通気性にも優れています。

比較的経済的な価格帯のものも販売されているため、マットレス選びで費用を重視するのであれば、まずはボンネルコイルマットレスから検討すると良いでしょう。

ただし、内部のコイルが連結されているため、横揺れしやすい点には注意が必要です。

二人以上で一緒にマットレスを使う場合、一人が動くと相手にも振動が伝わりやすく、睡眠の妨げになる可能性があります。

高密度スプリングマットレス

高密度スプリングマットレスは、鋼線を高密度で編み込んだ構造のマットレスです。「特殊コイルマットレス」とも呼ばれます。

ボンネルコイルマットレスと共通するのは、一体化したコイルが内蔵されており「」で体を支える点です。一方、ボンネルコイルマットレスと比較すると、横揺れしづらく、体圧分散性に優れています。

高密度スプリングマットレスは、一般的に硬めの寝心地です。どの程度の硬さであるかは、その商品に使われているコイルの強度や、コイル自体の硬さが影響しています。

人によっては「硬すぎる」と感じるかもしれません。購入前には、自分に合うかチェックしたほうが良いでしょう。

高反発マットレス

高反発マットレスとは、体の沈み込みを跳ね返す力が強いマットレスのことを指します。ウレタン素材を使ったものが一般的です。

マットレスの厚さにもよりますが、消費者庁では下記のように110N(ニュートン)以上のものが「硬め」と定義されています。

区分表示名
110N(ニュートン)以上
硬め
75N以上110N(ニュートン)未満
普通
75N(ニュートン)未満
柔らかめ

ただし、上記の数値はウレタンフォームの反発力であり、実際に「硬い」と感じるかどうかは使用者の体重や体型によって変わります。

人それぞれ好みの硬さは異なりますが、一般的に「硬め」のマットレスを求めているのであれば、110N以上の商品を選びましょう。

なお、ボンネルコイルマットレスのようなコイル型よりも通気性に劣るため、お手入れのしやすさも考慮して選ぶと良いです。

硬めのマットレスを使う2つのメリット

硬めのマットレスを使うメリットは、大まかに以下2点が挙げられます。

  • 変形しづらく寝返りが打ちやすい
  • 耐久性と通気性に優れている

これらのメリットについて、詳しく解説します。

変形しづらく寝返りが打ちやすい

硬めのマットレスには、反発力が高く変形しづらいという特徴があります。

反発力があるマットレスに寝ると、体を動かしやすく、寝返りも打ちやすいです。寝返りには、体圧が一部にかかることを防ぎ、血行不良を解消する役割があります。

柔らかすぎるマットレスの場合、肩や腰といった体の重い部分に集中して負担がかかります。一部に体圧が偏ると起床時の体の痛みに繋がりますが、硬いマットレスではそのような心配がありません。

また、寝ても体が沈み込みにくいことから、就寝時の理想的な寝姿勢をキープしやすいでしょう。理想的な寝姿勢とは、まっすぐ立った時の緩やかなS字カーブを描いた姿勢のことです。

体がマットレスにくい込みすぎて上手に寝返りが打てないと、体への負担は大きくなります。このような体への負担を軽減できることは、硬めのマットレスを使うメリットです。

耐久性と通気性に優れている

硬めのマットレスは耐久性に優れており、長く使い続けることができます。マットレスは頻繁に買い替えるものではないため、長期間の使用に耐えられる点は大きなメリットです。

また、人は就寝中に多量の汗をかくため、通気性が悪いとマットレスの内部に湿気が溜まり、カビが発生するかもしれません。

反発力が高いマットレスのなかでも、コイル型のマットレスは通気性にも優れており、寝汗による湿気を発散する効果も期待できます。

通気性が良いとカビの繁殖を抑えられるため、清潔性のある睡眠環境を維持しやすいです。暑い時期でも蒸れることが少なく、快適に眠れるでしょう。

硬めのマットレスを使う2つのデメリット

硬めのマットレスを使うメリットがある一方、使用にあたってのデメリットも存在します。具体的には、以下のとおりです。

  • 硬すぎると腰痛の原因になる
  • 体重と合っていないと寝心地が悪い

メリットだけではなく、デメリットについても良く理解したうえで購入を検討しましょう。

硬すぎると腰痛の原因になる

自分の体重に対して適度に硬いマットレスは、体圧分散性が良くなり体への負担が少なくなります。しかし、マットレスは硬ければ硬いほど快適になるわけではありません。

マットレスが自分にとって硬すぎる場合、体圧が分散できずに体の一部に負担が集中してしまうため、自分の体に合う硬さのマットレスを選ぶようにしましょう。

人が仰向けに就寝する際、とくに大きな体圧がかかるのは腰部分です。体に合わない硬すぎるマットレスを使っていると、起床時の腰痛に繋がる可能性があります。

適度に硬いマットレスであれば問題ありませんが、寝た時に体がまったく沈まない程度の硬さのものは避けたほうが無難です。

体重と合っていないと寝心地が悪い

前述のとおり、自然にまっすぐ立った時のS字カーブを描く姿勢が「理想的な寝姿勢」とされます。体圧を均等に分散できて血液循環を良くし、体を休められるのがこの姿勢です。

硬いマットレスで理想的な寝姿勢をキープできれば問題ありません。しかし、体重が軽い方が硬すぎるマットレスを選ぶと、体がまったく沈まずに正しい姿勢で寝られないケースがあります。

自分の体重に対して反発力が強すぎるマットレスを使った場合、快適な睡眠の妨げになり、起床時に倦怠感を感じるかもしれません。

睡眠の質を高めるためにも、自分の体重と体型を考慮したうえで、適切な反発力を持つマットレスを選びましょう。

「超硬め」のマットレスは痛い?使い心地を解説

世の中には「超硬め」であることを売りにしているマットレスもあります。好みにもよりますが、基本的にはそのようなマットレスはおすすめできません。

ウレタン素材の場合、反発力が300N(ニュートン)以上とされるものが「超硬め」のマットレスです。

「超硬め」のマットレスで寝ると、フローリングで寝た時のように体に痛みを感じることがあります。その結果、「十分睡眠をとったのに体の疲れがとれない」と感じ、睡眠の質が下がる原因になるのです。

ただし、平均より体重が重い方や、「超硬め」のほうが心地良く寝られるという方は、「超硬め」のほうが体に合っているのかもしれません。

このように、自分の体に合うマットレスを選ぶことが大切です。

フィット感を求めるなら柔らかいマットレスも検討しよう

フィット感を求めるなら柔らかいマットレスも検討しよう

硬めのマットレスが体に合っていないと感じる方は、柔らかめのマットレスも検討しましょう。

硬めのマットレスと同様に、柔らかめのマットレスにも複数の種類があります。また、使用するメリットとデメリットを確認したうえで、好みに合うマットレスを選べるようにすると良いです。

  • 柔らかいマットレスの種類
  • 柔らかいマットレスのメリット
  • 柔らかいマットレスのデメリット

ここからは、柔らかいマットレスの種類から、メリットとデメリットまで解説します。

柔らかいマットレスの種類

一般的に、「ポケットコイルマットレス」や「低反発マットレス」が柔らかめのマットレスに該当します。

ポケットコイルマットレスとは、内部にコイルが入ったマットレスのことです。それぞれのコイルは独立しており、ボンネルコイルマットレスのように一体化していません。

コイルが独立していることから「点」で体を支える構造となっており、体圧分散性に優れています。コイル系マットレスながらも柔らかく、体にフィットする寝心地が特徴です。

また、マットレス上の振動が伝わりにくいため、横揺れの心配がほとんどありません。

子どもやパートナーと一緒に寝ており、「トイレのタイミングで起こされる」「就寝する時間が違う」という不満を抱えている方でも、横で寝ている相手を起こす心配も少なくなるでしょう。

低反発マットレスとは、反発力がほとんどないマットレスのことで、柔らかく包み込むような寝心地が特徴です。

ウレタンフォーム素材の場合、消費者庁の基準では75N(ニュートン)未満のものは「柔らかめ」とされています。

しかし、体重と体型によって「硬さ」と「柔らかさ」の感じ方は異なるため、どの程度の柔らかさが好みなのか、実際に商品を触って試すことをおすすめします。

柔らかいマットレスを使うメリット

柔らかいマットレスを使うメリットは、体がマットレスの中に沈み込むことによって感じるフィット感です。

とくに低反発ウレタン素材のマットレスの場合、体の曲線に合わせてマットレスが沈み込むため、じんわりと体が包まれる感覚が得られるでしょう。

かかる体圧に対して、マットレスと体が触れる箇所の圧迫が少ないことから、腰痛持ちの方におすすめです。また、横向きで寝る方も安定した寝心地を得られます。

体にフィットするということは、体とマットレスとの密着部分が多いということです。接する面が多い分、保湿性にも優れているため、冬場も冷えにくく快適に眠ることができます。

柔らかいマットレスを使うデメリット

体重が重い方が極端に柔らかいマットレスに寝ると、体が沈み込みすぎるケースがあります。

スムーズな寝返りには適度な硬さと反発力が必要なので、体が沈み込みすぎることで、寝返りが打ちづらく感じるかもしれません。

寝返りは、就寝中の体への負担を軽減し、血行を促進する生理現象です。寝返りが打てず、体の思い部分が沈み込みすぎてしまうと、とくに負担がかかりやすい腰痛の悪化に繋がることも考えられます。

また、フィット感があり保湿力に優れている反面、高温多湿の夏場には熱がこもるため、寝苦しさを感じることもあるでしょう。

硬いマットレスも柔らかいマットレスも、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。

大事なのは、自分の体に合うマットレスを選ぶことです。マットレスの価格なのか、寝心地なのか、自分が優先したいことを明確にしたうえで、希望どおりのマットレスを選ぶようにしてください。

体に合うマットレスを試したい方はフリートライアル付きのNELLがおすすめ!

硬いマットレスと柔らかいマットレスのどちらが良いのか、決めきれずに悩んでいる方は、NELLマットレスを試してはいかがでしょうか。

NELLマットレスは、一般的なマットレスよりコイル数が多いポケットコイルマットレスです。独立したコイルが体の曲線にフィットし、スムーズな寝返りをサポートしてくれます。

一般的なマットレスのコイル数は400〜700個前後ですが、NELLではサイズに応じて約2倍のコイルを使用しています。シングルからキングの料金などとともに、一覧表にまとめました。

値段(税込)75,000円/シングル
90,000円/セミダブル
105,000円/ダブル
130,000円/クイーン
150,000円/キング
コイル数1,173個/シングル
1,479個/セミダブル
1,734個/ダブル
1,989個/クイーン
2,397個/キング
送料無料
(沖縄県本島を除く)
返品(※)返品・全額返金可能
(商品到着後14日以降120日以内)
保証期間10年間

(※)最低14日間の試用が必要です

NELLマットレスは、腰から背中部分を硬めに、それ以外を柔らかめにした「センターハード構造」を採用しています。

センターハード構造のマットレスは、横向きの姿勢で寝やすい上に、腰部分をしっかり支えて沈み込みを防げる点が特徴です。硬いマットレスと柔らかいマットレスの良いとこどりができるといえます。

適切な体圧分散も行えるため、「起きた時に背中が張る」といった睡眠時の悩みの解消にも繋がるでしょう。

しかし、マットレスは基本的に、各個人の体重と体型によって寝心地が変わるものです。本当に自分の体に合うか不安で、「実際に自宅で試したい」と考える方も多いと思います。

そのような要望に答えるため、NELLでは120日間のフリートライアル期間を設けています。

自宅でじっくり試したあとに「体に合わず返品したい」と思った際には、商品到着から120日間であれば返品・全額返金保証に対応しています。

さらに、NELLマットレスは、JISの規定に従い厳しい圧力テストをクリアしており、高い耐久性が証明されています。万が一、商品に問題があっても10年保証が付いているため、無料で修繕もしくは交換の対応を提供しているため、安心です。

硬めと柔らかめのどちらにするか迷っており、寝心地良いマットレスを試してみたいという方に、NELLマットレスをおすすめです。

詳しい購入方法は、以下の公式サイトを参考にしてください。

まとめ

自分にとって適度な硬さのマットレスを使うと、寝返りが打ちやすく、体にかかる負担も軽減できます。スムーズに寝返りが打てることで、快適な睡眠にも繋がるでしょう。

さらに、硬めのマットレスを使うメリットは、耐久性の高さにもあります。適切にお手入れすることで、長期間に渡って使い続けることが可能です。

また、硬めのマットレスを選ぶ際の注意点は、あまりにも硬すぎるマットレスを選ばないことです。適度に体をサポートしてくれる反発力のある硬さが理想的といえます。

一方、硬めのマットレスを見直したい方は、柔らかめのマットレスや、センターハード構造のマットレスを選んでも良いでしょう。

NELLのポケットコイルマットレスなら、適度な硬さと弾力でスムーズな寝返りをサポートしてくれます。詳細は、以下の公式サイトから確認してください。

ページのトップへ