NELL
  1. NELL
  2. WENELL
  3. ステージベッドとは?メリット・デメリットや選び方を分かりやすく解説
2023.01.23 更新

ステージベッドとは?メリット・デメリットや選び方を分かりやすく解説

ステージベッドとは?メリット・デメリットや選び方を分かりやすく解説

ステージベッドは一般的なベッドフレームと異なり、マットレスの両サイドに小物を置くスペースがある商品になります。背の低いローベッドの商品が多く、デザイン性に優れているため、部屋の雰囲気をおしゃれにしたい方におすすめです。

ただし、ステージベッドは一般的なベッドフレームとは違ったデメリットがあるので、購入前に知っておく必要があります。

この記事では、ステージベッドのメリット・デメリット、選び方を解説します。ステージベッドの購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

  1. ステージベッドとは
  2. ステージベッドのメリット
  3. マットレスのサイズを自由に選べる
  4. 圧迫感がない
  5. 安定性がある
  6. 幅広い使い方ができる
  7. 子供でも簡単に登ることができる
  8. 見た目がおしゃれ
  9. ステージベッドのデメリット
  10. 立ちにくく座りにくい
  11. 掃除が大変
  12. 簡単には移動できない
  13. 設置するにはスペースが必要
  14. ステージベッドを選ぶ際のポイントを紹介
  15. 床板の種類で選ぶ
  16. 耐荷重に注意する
  17. 部屋の雰囲気にあったステージベッドを選ぶ
  18. NELLマットレスはステージベッドにも合う
  19. まとめ

ステージベッドとは

ステージベッドとは

ステージベッドとは、マットレスの両サイドに10cm程度のスペースがあるベッドフレームのことを指します。

正確な定義はありませんが、左右に10cm程度のスペースがある商品をナローステージタイプ、20cmの幅があるとワイドステージタイプと呼ぶことがあります。

ステージベッドのメリット

ステージベッドのメリットは、以下のとおりです。

  • マットレスのサイズを自由に選べる
  • 圧迫感がない
  • 安定性がある
  • 幅広い使い方ができる
  • 子供でも簡単に登ることができる
  • 見た目がおしゃれ

マットレスのサイズを自由に選べる

ステージベッドは同じサイズのベッドフレームと比べると、左右にスペースがあるので、マットレスを置く寝床面が広くなっています。

そのため、マットレスのサイズをある程度自由に選ぶことができ、寝返りを打っても足や羽毛布団が落ちにくい点もメリットがあります。

圧迫感がない

ステージベッドはローベッドタイプのものが多い傾向があります。ローベッドは天井までの距離があるので圧迫感がなく、空間を広く見せることができます。

一般的なベッドフレームと比べて圧迫感をあまり与えないので、リビングに置くベッドとしても向いています。

安定性がある

ローベッドタイプのステージベッドは、脚がないタイプの商品です。脚がないと圧力が全体に分散されるので、寝返りを打っても揺れや軋みが少ないです。

安定性が高く、耐久性に優れた商品が多いのもステージベッドの特徴です。

幅広い使い方ができる

マットレスの左右にスペースがあると、幅広い使い方ができます。

例えば、スペースに腰掛けたり、サイドテーブル代わりにしたり、インテリアを飾ったりするなど、自分の好みに合わせて工夫ができます。

子供でも簡単に登ることができる

マットレスの左右にあるスペースを階段代わりにすれば、子供がベッドの上に簡単に登れるようになります。

また、ステージベッドはローベッドタイプの商品が多いため、ベッドから落下しても怪我を負うリスクは少ないです。

見た目がおしゃれ

商品にもよりますが、ステージベッドの多くは見た目がおしゃれです。ホテルで使用されていることもあり、部屋の雰囲気をおしゃれな印象にできます。

また、さまざまなデザインがあるので、部屋の雰囲気や自分の好みに合った商品を選べます。

ステージベッドのデメリット

ステージベッドのデメリットは次のとおりです。

  • 立ちにくく座りにくい
  • 掃除が大変
  • 簡単には移動できない
  • 設置するにはスペースが必要

立ちにくく座りにくい

ステージベッドはローベッドが多く、背が低いので立ち座りしにくいでしょう。

ただし、ポケットコイルマットレスのような分厚いマットレスを購入すれば、ある程度の高さを持たせることもできます。寝具の特徴を理解し、組み合わせて使用しましょう。

掃除が大変

ステージベッドはマットレスの左右にスペースがあるため、同じサイズの一般的なベッドフレームよりも一回り大きいです。そのため、ベッド下やベッド脇の掃除が大変になります。

ステージベッドを購入する際は、長めのモップ掃除用具などがあると便利です。

簡単には移動できない

商品にもよって異なりますが、ステージベッドは大きく、重さもあるため、1人での移動は難しいでしょう。

ステージベッド周りの掃除や模様替えなどで移動させたい時は、2人以上で動かすことをおすすめします。

設置するにはスペースが必要

ステージベッドはマットレスの左右にスペースがあるため、一般的なベッドフレームに比べてひと回り大きいです。そのため、一般的なベッドフレームからステージベッドに買い替えた場合、同じ位置に置けない可能性があります。

また、部屋の形状や家具の配置によっては置けない場合もあるので、購入する前に設置スペースがあるかしっかりと確認しましょう。

ステージベッドを選ぶ際のポイントを紹介

ステージベッドを選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  • 床板の種類で選ぶ
  • 耐荷重に注意する
  • 部屋の雰囲気にあったステージベッドを選ぶ

床板の種類で選ぶ

ステージベッドは商品によって床板(マットレスを置く面)の形状や素材が異なります。多くの場合、すのこタイプ板状タイプの2種類があり、次のような違いがあります。

特徴
すのこタイプ板と板の間に隙間があり、湿気や熱を放出しやすい
板状タイプフラットな1枚板となっており、保温性が高い

マットレスに熱がこもることが苦手な方はすのこタイプ、冬場にマットレスは暖かいほうが好みの方は板状タイプがおすすめです。自分の好みに合った種類を選ぶようにしましょう。

耐荷重に注意する

ステージベッドを選ぶ際は耐荷重にも注意しましょう。ベッドフレームの耐荷重とはベッドが耐えられる重さを表しており、数値が高いほど耐久性に優れているといえます。

マットレスや布団をステージベッドの上に置くため、体重だけでなくマットレスの重さをも考慮して商品を選ぶと良いでしょう。

部屋の雰囲気にあったステージベッドを選ぶ

ステージベッドはデザイン性に優れていますが、部屋の雰囲気にあっていない商品を設置すると浮いて見えてしまいます。そのため、部屋の雰囲気にあったステージベッドを選ぶようにしましょう。

選ぶ際のコツとしては、家具のテイストや色を統一することです。家具のテイストが統一されていると部屋全体がまとまり、よりオシャレな雰囲気を演出できます。

NELLマットレスはステージベッドにも合う

NELLマットレスは全てのサイズで厚みが21cmもあり立ち座りしやすく、体圧分散性に優れているので、ステージベッドにも合う商品になります。

NELLマットレスは独立したコイルが内蔵されたポケットコイルマットレスです。一般的なマットレスの約2倍の数のコイルを使用しており、寝ている体のラインにフィットするように支えます。

理想的な寝姿勢を維持しやすく、体重がかかりやすい腰部分に硬めのコイルを配置した「センターハード構造」のため、スムーズに寝返りを打つことができます。そのため、腰痛対策を考えている方におすすめです。

NELLマットレスの詳細は、以下の通りです。

NELLマットレス
上質な寝心地を実現するために、寝返りに特化したマットレス。


NELLマットレスの料金やコイル数などの詳細は、以下の表よりご確認ください。

値段(税込)75,000円/シングル
90,000円/セミダブル
105,000円/ダブル
130,000円/クイーン
150,000円/キング
コイル数1,173個/シングル
1,479個/セミダブル
1,734個/ダブル
1,989個/クイーン
2,397個/キング
送料無料
(沖縄県本島を除く)
返品(※)無料
(沖縄県本島を除く)
保証期間10年間

(※)最低14日間の試用が必要です

120日間のフリートライアル」により、到着日を含めて120日間まで寝心地を確かめることができます。寝心地が合わなくても、返品すれば全額返金(返品手数料もNELLが負担)しますので、気軽に試すことができます。

ステージベッド用のマットレスで迷っている方は、以下の公式サイトでご検討ください。

まとめ

ステージベッドはマットレスの左右にものを置くことができるスペースがある特殊な形状のベッドフレームのことです。背の低いローベッドが多い傾向があり、デザイン性に優れているなど、多くのメリットがあります。

一方で、一般的なベッドフレームと形状が異なるため、購入する際は設置スペースの確認や、搬入経路などを考えておく必要があります。

また、立ち座りのしやすさを考えると、NELLマットレスのように厚みのあるマットレスを使用してみましょう。NELLマットレスの料金やサイズの詳細は、以下の公式サイトから確認できますので、ぜひご覧ください。

ページのトップへ