1. NELL
  2. WENELL
  3. ベッドの選び方やチェックすべきポイントを紹介!おすすめのレイアウトも解説
2022.01.14

ベッドの選び方やチェックすべきポイントを紹介!おすすめのレイアウトも解説

ベッドの選び方やチェックすべきポイントを紹介!おすすめのレイアウトも解説

ベッドを新しく購入したり買い替えたりする際、何を基準に選ぶべきか迷う方は多くいらっしゃると思います。ベッドにはさまざまな種類があり、ライフスタイルや部屋の広さなどによって適切なものが変わります。

また、ベッドを使用する際は本体だけでなくマットレスも必要です。ベッドやマットレスを選ぶ時に重視するポイントを押さえておけば、自分に合った寝具を見つけやすくなります。

この記事では、ベッドの選び方やベッドを置く時におすすめのレイアウト、マットレスの選び方などを解説します。

  1. 自分に合ったベッドの選び方
  2. ベッドのサイズ
  3. デザインやカラー
  4. 機能
  5. ベッドフレームに用いられる素材
  6. 床板
  7. ベッドを置く時におすすめのレイアウト
  8. 側面を壁に寄せる場合、5~10cmのスペースを作る
  9. 窓やドアに頭を向けないようにする
  10. 生活導線を遮るような場所は避ける
  11. ベッドの周りに50cm程度の通路をあける
  12. ベッドに欠かせないマットレス選びも大事
  13. サイズで選ぶ
  14. 素材で選ぶ
  15. 寝心地で選ぶ
  16. ベッドに合わせてマットレスも購入するならNELLマットレスがおすすめ
  17. まとめ

自分に合ったベッドの選び方

自分に合ったベッドの選び方

自分に合ったベッドを選ぶ際には、以下のような点に着目する必要があります。

  • ベッドのサイズ
  • デザインやカラー
  • 機能
  • ベッドフレームに用いられる素材
  • 床板

それぞれについて、詳しく説明します。

ベッドのサイズ

ベッドのサイズは部屋の大きさや自分の体格、使用するマットレスのサイズなどとの兼ね合いで決めます。

一般的なベッドのサイズであるシングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングのサイズおよび用途(使用人数など)を、以下に表でまとめました。

サイズ寸法用途
シングル幅:95cm
縦:195cm
普通体型の大人が1人で使用するなど
セミダブル幅:120cm
縦:195cm
1人でゆったり使用、がっちり体型の人の使用、子どもとの添い寝など
ダブル幅:140cm
縦:195cm
標準体型の大人2人での使用など
クイーン幅:160cm
縦:195cm
2人でゆったり使用、夫婦と子ども3人で使用など
キング幅:190cm
縦:195cm
子どもが少し大きくなっても大人2人+子どもで使用したい場合など

上表を参考にしたうえで、最適なサイズのものを選びましょう。

デザインやカラー

ベッドにはさまざまなデザインや形状のものがあり、それぞれ特徴が異なります。代表的なデザインや形状を、以下に表でまとめました。

デザイン(形状)特徴
フラットタイプヘッドボードにキャビネットなどが付いていないシンプルなデザイン。部屋の雰囲気を問わずに調和しやすい。
ヘッドレスタイプヘッドボードが付いていないタイプのベッドフレーム。部屋をすっきりと見せられるので、広々とした印象を与えられる。
ロータイプ高さが低く、部屋に開放感を感じられる。就寝中にベッドから落下しても怪我をしにくいため、寝相の悪い方や小さな子どもにもおすすめ。

形状ごとの違いを踏まえて、ライフスタイルに合ったベッドを選ぶようにしましょう。

機能

ベッドにはさまざまな機能が備わっているものもあります。代表的な機能を備えたベッドとその特徴を、以下に表でまとめました。

機能特徴
宮付きタイプヘッドボードに小物などを置く棚やスペースが設けられており、枕元に目覚まし時計やスマホなどを置ける。
収納付きタイプベッドフレームに収納が設けられており、散らかりがちな荷物を収納できる。引き出し収納や跳ね上げ収納など、収納方法もさまざま。
ロフトベッドタイプ高い位置に寝る部分があり、その下には机などを置ける程度の広い空間が確保できる。部屋の空間を有効活用したい場合におすすめ。

特に収納付きタイプのベッドを検討している場合は、収納スペースの容量もしっかり確認する必要があります。

ベッドフレームに用いられる素材

デザインや形状が同じでも、用いる素材が違うと受ける印象もまた異なります。ベッドフレームに用いられる代表的な素材の特徴を、以下に表でまとめました。

素材特徴
ウッド(木製)・耐久性や耐荷重に優れている
・木材の種類によっては経年変化による色合いの変化も楽しめる
ファブリック・柔らかな肌触りで優しい雰囲気
・ほかのファブリックアイテムと色や柄を合わせることで部屋に統一感が生まれる
レザー・高級感があり、シックで落ち着いた部屋を作るのに向いている
・汚れにも強いが傷が目立ちやすい点には注意
スチール(パイプ)・軽くて通気性に優れている
・きしみが生じやすく、耐荷重も低めな点には注意

素材は寝心地や使い勝手にも影響してくるので、見た目だけでなく実用性も踏まえて判断することを心がけましょう。

床板

ベッドフレームにおける「床板」とは、マットレスの底部が触れる部分のことを指します。

主に「すのこタイプ」と「板状タイプ」の2種類があります。

タイプ特徴
すのこタイプ板と板の間に隙間があり、湿気を逃す機能に優れている。通気性が良いため、夏場は涼しいが冬場は寒く感じる可能性がある。
板状タイプ板と板の間に隙間がなく、フラットな板状になっている。保温性が高く冬場はマットレスが温まりやすいが、湿気が抜けにくいので、定期的な手入れが必要。

人は一晩の間にコップ1杯分の寝汗をかくといわれているため、マットレスを清潔に保ち、長く使用するのであれば、通気性に優れた「すのこタイプ」がおすすめです。

ベッドを置く時におすすめのレイアウト

ベッドを使う際は、どのようなベッドを選ぶかと同様に、どこに配置するかも重要です。ベッドを置く場所は、以下のような点に注意して選びましょう。

  • 側面を壁に寄せる場合、5~10cmのスペースを作る
  • 窓やドアに頭を向けないようにする
  • 生活導線を遮るような場所は避ける
  • ベッドの周りに50cm程度の通路をあける

それぞれのポイントについて、詳しく説明します。

側面を壁に寄せる場合、5~10cmのスペースを作る

ヘッドボードがあるベッドの場合、ヘッドボード側は壁にぴったりと寄せることが基本です。ただ、側面を壁に寄せる場合は少しスペースを空けておいたほうが良いでしょう。

壁から少し離したほうが、壁からの冷気が体に伝わりにくくなるからです。また、スペースを多少空けておくと、掛け布団がズレた場合でも直しやすいです。

窓やドアに頭を向けないようにする

窓に頭を向けた配置にすると、夏は窓からの湿気や熱気、冬は窓からの寒さを直に感じることになります。また、ドアに頭を向けた配置にすると、人が部屋に出入りする気配で目が覚めてしまい熟睡できないかもしれません。

ただ、窓に頭を向けた配置にすると、部屋に入ってくる自然光で自然と起きられるというメリットもあります。メリットとデメリットを天秤にかけたうえで、判断すると良いでしょう。

生活導線を遮るような場所は避ける

ベッドを置いた結果、生活導線が遮られるような場所は、ベッドを配置する場所としては好ましくありません。ベッドを乗り越えるのはちょっとした手間がかかるので、道を塞ぐようなベッドの配置は控えましょう。

普段の導線をイメージして、よく通る場所や頻繁に開け閉めする扉などを遮らない位置を探してみてください。

ベッドの周りに50cm程度の通路をあける

上述したように生活導線を意識したベッドの配置は重要です。しかし、具体的にどのくらいのスペースがあれば無理なく移動できるのかがわかりにくい場合もあるでしょう。

目安としては、ベッドと壁の間が50cm程度あればそこを通ることができます。それぐらいの広さを通路として確保することを意識すれば、無理のない配置ができます。

ベッドに欠かせないマットレス選びも大事

ベッドはベッドフレームだけで使用するのではなく、その上にマットレスを載せて使用することが一般的です。そのため、マットレス選びも疎かにしてはいけません。

ベッドと一緒に使用するマットレスを選ぶ際には、主に以下のような点に着目することが重要です。

  • サイズで選ぶ
  • 素材で選ぶ
  • 寝心地で選ぶ

それぞれについて、詳しく説明します。

サイズで選ぶ

どれくらいのサイズのマットレスが適しているかは、人によって異なります。

マットレスのサイズは基本的にはベッドのサイズと連動しており、各サイズの大きさは以下のようになっています。

サイズ
シングル95cm195cm
セミダブル120cm195cm
ダブル140cm195cm
クイーン160cm195cm
キング190cm195cm

素材で選ぶ

マットレスは、素材によって特徴が大きく異なります。素材ごとの特徴を、以下に表でまとめました。

素材特徴
ポケットコイルマットレス・体を「点」で支えてくれるので体圧分散性に優れている
・マットレス上の振動が伝わりにくく横揺れの心配がほぼない
ボンネルコイルマットレス・体を「面」で支えるので体の一部だけが沈み込んでしまう心配がない
・内部のコイルが連結されているため、横揺れしやすい点には注意が必要
ウレタンマットレス・厚さによっては丸めたり折りたたんだりでき、持ち運びがしやすい
・ウレタンの質によっては「耐久性」「通気性」が悪い(密度によっても耐久性が変わる)
・「高反発マットレス」と「低反発マットレス」がある
ファイバーマットレス・通気性に優れており水洗いも可能
・横揺れしやすく振動が伝わりやすい点には注意が必要
ラテックスタイプマットレス・体圧分散性に優れている
・通気性が良くないので蒸れやすい点には注意が必要

マットレスの素材は睡眠の快適さに大きく関わってくるため、それぞれの特徴を把握したうえで選ぶ必要があります。

寝心地で選ぶ

寝心地もマットレスを選ぶうえで非常に重要な要素です。一般的に、体圧分散性に優れているマットレスは理想的な寝姿勢を維持しやすいです。

また、反発力の高いマットレスは体をしっかり支えられていると感じられ、反対に反発力の低いマットレスは体にフィットしてくれます。反発力の程度は個人の好みにもよりますが、身体に負担の少ない体圧分散性に優れているマットレスを選ぶことがおすすめです。

ベッドに合わせてマットレスも購入するならNELLマットレスがおすすめ

ベッドに合わせてマットレスを購入するのであれば、NELLマットレスがおすすめです。

マットレスはベッドのサイズに合わせて選ぶ必要がありますが、NELLマットレスにはシングル~キングまで豊富なサイズのラインナップがあります。

詳細は以下のとおりです。

値段(税込)75,000円/シングル
90,000円/セミダブル
105,000円/ダブル
130,000円/クイーン
150,000円/キング
コイル数1,173個/シングル
1,479個/セミダブル
1,734個/ダブル
1,989個/クイーン
2,397個/キング
送料無料
(沖縄県本島を除く)
返品(※)返品・全額返金可能
(商品到着後14日以降120日以内)
保証期間10年間

(※)最低14日間の試用が必要です

NELLマットレスはサイズ展開が豊富なだけではなく、品質にも優れています。一般的なマットレスよりも多くコイルが使われているため、非常に体圧分散性が高く、寝姿勢を最適なものにキープしやすいことが特徴です。

また、腰から背中部分を硬めに、それ以外の部分を柔らかめにした「センターハード構造」を採用しているので、ストレスなく自然に寝返りを打つことができます。

合うかどうかわからないマットレスを購入するのは不安かもしれませんが、NELLでは120日間のフリートライアルを設けているため、自宅でベッドとの相性も試せます。

耐久保証も10年間付いているため、気に入った場合は長く使い続けることが可能です。ベッドに合わせてマットレスの購入もご検討の方は、ぜひNELLマットレスを検討してみてください。

まとめ

自分に合ったベッドを選ぶためには、サイズやデザイン、素材といったさまざまな点に着目する必要があります。特にサイズに関しては、一緒に使用するマットレスと合うものでなければなりません。

そのためベッドと一緒にマットレスを選ぶ場合は、サイズのラインナップが豊富なマットレスを中心に検討すると良いでしょう。

NELLマットレスは、シングル~キングまで幅広いラインナップを取り揃えています。ベッドと一緒にマットレスを購入する場合は、ぜひNELLマットレスをご検討ください。

ページのトップへ