1. NELL
  2. WENELL
  3. ベッドを処分したいが部屋から出せない場合はどうする?対処法や注意点を解説
2022.07.29

ベッドを処分したいが部屋から出せない場合はどうする?対処法や注意点を解説

ベッドを処分したいが部屋から出せない場合はどうする?対処法や注意点を解説

新しくベッドを買い替える際、今まで使っていたベッドを処分しなければいけません。しかし、ベッドはほかの家具に比べるとサイズが大きく、部屋から出すのが大変です。

ベッドを処分したいものの、サイズが大きすぎて部屋から出せず困っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ベッドを部屋から出せない場合の処分方法を詳しく紹介します。

  1. ベッドを部屋から出せない場合の処分方法
  2. ベッドを解体して粗大ゴミに出す
  3. 不用品回収業者に回収してもらう
  4. 引っ越し業者に回収してもらう
  5. ベッドを購入した店舗に引き取ってもらう
  6. リサイクルショップに買い取ってもらう
  7. 配送業者に輸送してもらう
  8. ベッドの処分は複数人で行おう
  9. マットレスを買い替えるならNELLマットレスがおすすめ
  10. まとめ

ベッドを部屋から出せない場合の処分方法

ベッドを部屋から出すのが難しい場合は、ベッドを解体するか業者に回収・処分を依頼することで対処できます。主な対処法として挙げられるのは、次の6つです。

<ベッドを部屋から出せない場合の対処方法>
  • ベッドを解体して粗大ゴミに出す
  • 不用品回収業者に回収してもらう
  • 引っ越し業者に回収してもらう
  • ベッドを購入した店舗に引き取ってもらう
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • 配送業者に輸送してもらう

ベッドを解体して粗大ゴミに出す

ベッドのサイズが大きすぎて部屋から出せない場合は、解体してから粗大ゴミに出すのがおすすめです。

多くのベッドはいくつかのパーツを組み合わせて作られており、工具を使えば解体ができます。解体すれば持ち運びが楽になり、部屋から出す際の労力も減るでしょう。

粗大ゴミの出し方は各自治体で異なりますが、一般的に下記の流れに沿って処理しましょう。

<粗大ゴミを出す流れ>
  1. 自治体の粗大ゴミ回収受付窓口に申し込む
  2. 粗大ゴミ処理券を購入し、ベッドに貼りつける
  3. 指定された日時・場所に粗大ゴミを出す

なお、ベッドの解体方法や必要な工具は各ベッドで異なります。解体の際は、製品の構造を確認したうえで取扱説明書を事前に読んでおくと良いでしょう。

また、粗大ゴミの処分費用を抑えたい場合は、より細かく解体して家庭ゴミとして出す選択肢もあります。

ただし、その際はベッドを細かく切断するためのノコギリ、丸ノコなどの特殊な工具が必要です。

解体作業中に怪我をする危険もあるので、家庭ゴミとして出すのはおすすめできません。

不用品回収業者に回収してもらう

1人でベッドを部屋から運び出すのが難しい場合は、不用品回収業者に回収を依頼すると良いでしょう。回収はもちろん運搬も行ってくれるため、労力をかけずにベッドを処分できます。

回収の依頼は電話やインターネットから簡単に行えるので、店舗まで足を運ぶ必要はありません。依頼時に提案された見積もりに問題がなければ、希望の日時にベッドを回収に来てくれます。

回収料金は各業者で異なりますが、8,000円〜10,000円がベッド回収の相場とされています。ただし、ベッドのサイズによっては料金が高くなる可能性もあるので注意してください。

引っ越し業者に回収してもらう

引っ越しのタイミングでベッドを処分したい方は、引っ越し業者に回収を依頼するのがおすすめです。一部の業者は家具の運搬以外にも、不用品の回収に対応しています。

不用品は引っ越し作業中に回収してもらえるので、新居で古いベッドを片付ける手間がかかりません。

ただし、処分してくれる家具の種類は各業者で異なります。引っ越し業者を探す際は、ベッドを処分してくれるかどうかを確認したうえで選びましょう。

ベッドを購入した店舗に引き取ってもらう

ベッドを販売している店舗によっては、新しいベッドの配送時に古いベッドを回収してくれるサービスを提供しています。このサービスを利用すれば、ベッドを処分する労力をかけずに新しいベッドに買い替えることが可能です。

なお、店舗が実施している回収サービスには、「〇〇円以上の価格の製品を購入した場合」などの利用条件が設けられているケースが多いです。不要なトラブルを避けるためにも、条件の内容は事前によく確認しておきましょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

ベッドの保存状態が良い場合は、リサイクルショップに買い取ってもらうのも一つの方法です。一部のリサイクルショップでは、自宅に訪問して買取をしてくれる出張買取に対応しています。

少ない手間でベッドを処分できるうえ、買取価格分のお金を受け取れるメリットの多い方法です。

ただし、ベッドのブランドや状態によっては買取の対象とならない場合もあるので注意してください。出張買取を依頼する際は、自分のベッドが買取対象となるかどうかを事前に調べておきましょう。

配送業者に輸送してもらう

少ない労力でベッドを部屋から片付ける方法としては、配送業者に集荷を依頼し、輸送してもらう方法もあります。

一般的に集荷を依頼する場合は自分で梱包をする必要がありますが、配送業者によっては大型家具の分解・梱包を有料で行うサービスを提供しており、梱包後に部屋から運び出してくれます。

配送先の住所が必要ですが、この方法なら自分でベッドを解体・運搬する手間がかかりません。例えば、ベッドを必要としている知人や家族に配送する形で譲る旨を伝え、配送業者に家具の分解・梱包サービスを依頼すれば労力をかけずに部屋からベッドを出すことができます。

また、ベッドを必要としている方が周囲にいない場合は、ネットオークションに出品するのも一つの方法です。保存状態が良い場合は、リサイクルショップに売るよりも高値がつく可能性があります。

ベッドの処分は複数人で行おう

ベッドの処分は複数人で行おう

なかには業者にベッドの処分を依頼せず、自分1人で運搬や解体をしようと考える方もいるでしょう。しかし、ベッドの運搬作業や解体作業は、できるだけ複数人で行うことをおすすめします。

ベッドはサイズが大きいうえに重量があるため、1人で運ぼうとすると怪我をする可能性があります。また、1人では安定して持ち運ぶことができず、運搬中に室内や共有部分を傷つけてしまうかもしれません。

無理に1人でどうにかしようとせず、家族や友人、知人に頼んで複数人でベッドを処分すると良いでしょう。

マットレスを買い替えるならNELLマットレスがおすすめ

「今とは違うサイズのベッドに買い替える」「就寝環境を一新したい」などの理由から、ベッドと併せてマットレスの買い替えを検討している方もいるでしょう。

買い替えのために新しいマットレスを探している方は、NELLマットレスがおすすめです。

NELLマットレスは、寝返りの打ちやすさが特徴のポケットコイルマットレスです。

一般的なマットレスに比べて約2倍のコイルを使用しており、独立した各コイルがスムーズな寝返りをサポートします。適度に寝返りを打つことで血液の流れが阻害されず、血行不良からくる腰痛や肩こりなどの体の不調を防ぎやすくなります。

また、NELLマットレスは特殊な技術でマットレスを圧縮し、コンパクトな発送が可能な製品です。そのため、通常の郵送物と同じように受け取り、自分で簡単に開封・設置ができます。狭い廊下や階段も運び入れがしやすく、部屋にマットレスを運ぶまでの手間が気になる方でも安心です。

サイズはシングル〜キングまで取り揃えており、ほとんどのベッドで使うことができます。今とは違うサイズのベッドに買い替える方は、下記のなかから新しいベッドのサイズに合わせてお選びください。

サイズ寸法
シングルサイズ幅:95cm
縦:195cm
セミダブルサイズ幅:120cm
縦:195cm
ダブルサイズ幅:140cm
縦:195cm
クイーンサイズ幅:160cm
縦:195cm
キングサイズ幅:190cm
縦:195cm
ライトブルー

りゅーじ 様

「寝返りが気にならない」

寝返りをしても体に負担がかかってる感覚がなくなりました。

ライトブルー

だだだ 様

「絶妙なフィット感」

寝転ぶとちょうどいい力で体を支えてくれます。寝起きスッキリになれるのでおすすめです。

ライトブルー

とみ 様

「いい」

前まで使っていたマットレスより反発力がありぐっすり眠れます!朝起きた時疲れも取れスッキリと目覚めることができました!

まとめ

サイズが大きなベッドはそのままの状態だと処分が大変です。解体をして粗大ゴミに出す、業者に回収を依頼するなど、できるだけ労力の少ない方法で処分できないか考えてみましょう。

また、違うサイズのベッドに買い替える際は、そのサイズに適したマットレスを購入する必要があります。どのマットレスに買い替えるか悩む場合は、寝返りの打ちやすさに特化したNELLマットレスをぜひご検討ください。

ページのトップへ