NELL
  1. NELL
  2. WENELL
  3. 一人暮らし用の寝具はベッドがおすすめ!種類やサイズ、選び方のポイントを解説
2022.10.11 更新

一人暮らし用の寝具はベッドがおすすめ!種類やサイズ、選び方のポイントを解説

一人暮らし用の寝具はベッドがおすすめ!種類やサイズ、選び方のポイントを解説

新しく一人暮らしを始める際はさまざまな家具を準備する必要がありますが、なかでもベッド選びは悩みやすいポイントです。ベッドはほかの家具と比べても長く使う製品なので、できるだけ自分に合った製品を選びましょう。

この記事では一人暮らしに向いているベッドのサイズや種類、選び方を紹介します。一人暮らしの寝具選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

  1. 一人暮らしの寝具はベッドを使うのがおすすめ
  2. 一人暮らしに向いているベッドのサイズ
  3. シングル
  4. セミダブル
  5. ベッドの主な種類
  6. 収納付きベッド
  7. ロフトベッド
  8. ローベッド
  9. フロアベッド
  10. ソファベッド
  11. 折りたたみベッド
  12. 一人暮らし用のベッドを選ぶポイント
  13. ベッドの価格
  14. ベッドの収納スペースの有無
  15. ベッドの持ち運びやすさ
  16. 寝心地を重視するならマットレス選びにこだわろう
  17. まとめ

一人暮らしの寝具はベッドを使うのがおすすめ

寝具には大きく分けて敷布団とベッドの2種類がありますが、一人暮らしの場合はベッドを使うことをおすすめします。

なかには「布団の上げ下ろしくらいなら手間に感じない」と思われる方もいるでしょう。しかし、新しく一人暮らしを始めると、家事の全てを自分で行う必要があるのはもちろん、生活を整える準備などでこれまで以上に忙しくなります。

このように忙しい状況で毎回布団の上げ下ろしをするのは、意外と手間に感じるものです。「面倒だから」という理由からそのうち布団を収納しなくなり、敷きっぱなしになった布団に生えたカビに悩む方は少なくありません。

一方、ベッドなら布団の上げ下ろしが不要なため、好きなタイミングですぐに眠ることができるうえ、布団の敷きっぱなしが原因で発生するカビの心配もありません。

また、製品によってはベッド下を収納部分として使えるので、一人暮らし用のワンルームなどスペースに余裕がない部屋でも片付きやすくなります。

一人暮らしに向いているベッドのサイズ

ベッドにはさまざまなサイズがありますが、一人暮らしの方には下記のいずれかがおすすめです。

  • シングル
  • セミダブル

ただし、体格や身長によっても合うサイズは違ってくるため、ベッド選びの際は具体的な寸法をよく確認しておきましょう。以下では上記2種類の寸法や特徴について紹介します。

シングル

シングルは一般的なサイズは幅95cm、縦195cmです。一人暮らし用の部屋に丁度良いサイズ感になっており、ワンルームの部屋に置いても圧迫感が出にくいです。

普通体型の方であれば、狭さを感じることはないでしょう。

セミダブル

セミダブルは、幅120cm、縦195cmが一般的なサイズです。シングルより一回り大きいため、1人でゆったり眠りたい方やがっちりとした体型の方に向いています。

ただし、部屋がワンルームだと狭さを感じてしまう可能性があるので注意しましょう。

ベッドの主な種類

ベッドには数多くの種類があり、それぞれ特徴が異なります。主なベッドの種類は下記のとおりです。

  • 収納付きベッド
  • ロフトベッド
  • ローベッド
  • フロアベッド
  • ソファベッド
  • 折りたたみベッド

自分に合ったベッドを選ぶためにも、購入する前に各種類の特徴を把握しておくと良いでしょう。

収納付きベッド

収納付きベッドとは、ベッド下に引き出しなどの収納が搭載されている製品のことです。収納スペースは棚などを購入すれば増やすこともできますが、その分部屋のスペースを圧迫していまいます。

しかし、収納付きベッドならを眠るスペースをそのまま収納場所として使えるため、部屋がスッキリしやすくなります。ワンルームに住む予定の方、小物が多い方におすすめのベッドです。

ロフトベッド

ロフトベッド

ロフトベッドとは高い位置にベッドを設置し、下側に大きなスペースがある製品のことです。下側にあるスペースは収納として使う、机やソファを設置するなど、自分の好みに合わせて活用できます。

部屋の省スペース化ができるため、ワンルームに住む方やある程度の大きさがある机、ソファなどの家具を置きたい方におすすめです。

ローベッド

ローベッドとは、床からの高さが低いベッドのことです。高さが低い分部屋に圧迫感が生まれにくいため、スペースに余裕はないけれど部屋をできるだけ広く見せたい方に向いています。

また、デザイン性の高い製品が多いので、部屋の見栄えを良くしたい方にもおすすめです。

フロアベッド

フロアベッドとは床にすのこや床板を敷き、その周りをフレームで囲むような構造になっているローベッドのことです。フレームのなかにマットレスを落とし込む形で使うため、床からの高さをより低くできます。

その分部屋全体を広く見せられるので、開放感のある部屋にしたい方におすすめです。

ソファベッド

ソファベッドとは、ソファとベッドを組み合わせた製品のことです。通常時はソファの状態になっており、背もたれを倒すなどして変形させることでベッドとして使用できます。

部屋にソファを置きたいけれどスペースを確保できない方におすすめのベッドです。

折りたたみベッド

これから一人暮らしを始める方には、折りたたみベッドもおすすめです。必要に応じてベッドを折りたたむことで、部屋のスペースをより広く使えます。また、折りたためる分ベッド下の掃除がしやすいので、部屋をより清潔に保ちやすくなります。

なお、折りたたみベッドは2つ折りの製品が多い傾向がありますが、なかには4つ折りなど細かく折りたためる製品も販売されています。

部屋のスペースに応じて、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

一人暮らし用のベッドを選ぶポイント

数あるベッドのなかから製品を選ぶ際に、どのベッドを購入するか悩んでしまうこともあるでしょう。そのような時は、下記3つのポイントに注目して選んでみてください。

  • ベッドの価格
  • ベッドの収納スペースの有無
  • ベッドの持ち運びやすさ

これらのポイントを押さえておけば、自分に合った一人暮らし用のベッドを見つけやすくなります。各ポイントの内容を以下で順番に見ていきましょう。

ベッドの価格

ベッドは1万円以下で購入できる製品もあれば10万円程度かかる場合もあるなど、製品によって価格が大きく変わってきます。一人暮らしを始める際は、家具の購入費用や賃貸契約の手数料などで支出が一時的に増えるため、経済的な負担とならない範囲で選びましょう。

なお、折りたたみベッドやすのこベッドなど構造が簡易的な製品は、価格が安い傾向があります。

ベッドの収納スペースの有無

部屋のスペースに余裕がないワンルームなどに住む場合は、収納付きのベッド、またはベッド下を収納として使える製品を選ぶと良いでしょう。

収納が多いほど部屋が片付きやすくなりますし、別途で収納家具を購入する費用を抑えることができます。

ベッドの持ち運びやすさ

ベッドは重量が重い製品が多く、一人でも落ち運ぶのは大変です。そのため、一人暮らしを始めてから定期的に模様替えをしたい方や引っ越しの頻度が高くなりそうな方は、ベッドの持ち運びやすさにも注目しましょう。

なかでも折りたたみベッドはキャスター付きの製品が多く、持ち運びやすいのでおすすめです。

寝心地を重視するならマットレス選びにこだわろう

ベッドで眠る時の寝心地を重視する方は、ベッドだけでなくマットレス選びにもこだわることをおすすめします。

マットレスはほかの寝具と比べて、寝心地の良さに影響する要素が多い寝具です。自分に合ったものを見つけることができれば、よりぐっすりと眠ることができるでしょう。

寝心地の良いマットレスを探している方は、ぜひNELLマットレスをご検討ください。NELLマットレスは、寝返りの打ちやすさが特徴のポケットコイルマットレスです。それぞれ独立したコイルが体の曲線にフィットし、スムーズな寝返りをサポートしてくれます。

サイズはシングル〜キングまで取り揃えており、自分の使っているベッドのサイズに合わせて選択できます。各サイズの寸法は下記のとおりです。

サイズ寸法
シングル幅:95cm
縦:195cm
セミダブル幅:120cm
縦:195cm
ダブル幅:140cm
縦:195cm
クイーン幅:160cm
縦:195cm
キング幅:190cm
縦:195cm

また、NELLマットレスは特殊な技術でマットレスを圧縮した状態で発送しており、1人でも簡単に開封・設置が可能です。一般的な非圧縮のマットレスのように配送業者との調整も不要で、通常の郵送物と同じように受け取ることができます。

ブルー

さとまる 様

「思った以上」

支えられてる感じが心地いい。明らかに体が楽です。眠りの質もよくなりました。自分にとっては高価な買い物で、他のマットともいろいろ迷いましたがこちらを買って正解でした。

ライトブルー

ころ 様

「買ってよかった」

熟睡できます
同棲を機に奮発して良かったと思ってます

まとめ

一人暮らしを始める際は生活の準備を進めたり、住所変更の手続きを済ませたりなど、何かと忙しい時期がしばらく続きます。忙しさで疲れた体を睡眠でしっかり癒すためにも、ベッドはこだわって選びましょう。

また、就寝環境を整えるうえでは、自分に合ったマットレスを使うことも重要です。マットレス選びに悩む場合は、120日間のフリートライアルで寝心地を試せるNELLマットレスの使用をぜひご検討ください。

ページのトップへ