NELL
  1. NELL
  2. WENELL
  3. ベッドで寝るメリット・デメリットとは?タイプ別の選び方も紹介
2023.01.23 更新

ベッドで寝るメリット・デメリットとは?タイプ別の選び方も紹介

ベッドで寝るメリット・デメリットとは?タイプ別の選び方も紹介

これまで布団を使用していた方のなかには、ベッドに魅力を感じ、購入しようと考えている方もいるのではないでしょうか。

ベッドには多種多様なタイプがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。

この記事では、ベッドのタイプやタイプ別のメリット・デメリット、それぞれにおすすめの方を説明しているので、ベッドの購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

  1. 布団と比較した場合のメリット
  2. 高さがある分ホコリを吸い込む可能性が低い
  3. 冬は床の冷たさが伝わりにくい
  4. 寝起きの立ち上がりが楽
  5. 通気性が良い
  6. 片付けの手間がかからない
  7. ベッドのタイプとメリット・デメリット
  8. 脚付きベッド
  9. フロアベッド
  10. ローベッド
  11. 収納付きベッド(チェストベッド)
  12. ロフトベッド
  13. パイプベッド
  14. ソファベッド
  15. 折りたたみベッド
  16. ベッドの選び方
  17. 自分のライフスタイルに合わせて選ぶ
  18. 部屋の広さに合わせて選ぶ
  19. 手入れのしやすさから選ぶ
  20. 機能性から選ぶ
  21. ベッドに合うマットレス選びも重要
  22. コイルマットレスに合うベッドタイプとは
  23. ノンコイルマットレスに合うベッドタイプとは
  24. さまざまなベッドに合うNELLマットレス
  25. まとめ

布団と比較した場合のメリット

快適に眠るためには、寝心地の良い睡眠環境作りが大切です。布団と比較した場合、ベッドには以下のようなメリットがあります。

  • 高さがある分ホコリを吸い込む可能性が低い
  • 冬は床の冷たさが伝わりにくい
  • 寝起きの立ち上がりが楽
  • 通気性が良い
  • 片付けの手間がかからない

それぞれのメリットを解説します。

高さがある分ホコリを吸い込む可能性が低い

ベッドは高さがある分、床から舞い上がるホコリやハウスダストを吸い込む可能性が低い点がメリットです。ハウスダストとはホコリのなかでも1mm以下のもので、花粉やダニのフン、繊維クズなどがあり、主に床や家具の上に溜まっています。

ベッドは床に溜まったホコリやハウスダストを自然に避けられるため、ホコリに敏感な方やアレルギーが気になる方の快適な睡眠に役立ちます。

冬は床の冷たさが伝わりにくい

布団は床にそのまま敷くため、床の冷たさが伝わりやすい側面があります。一方、ベッドは床との間に距離があるため、寒さが厳しい冬でも床の冷たさが伝わりにくい特徴があります。また、部屋の低い場所に溜まりやすい、冬場の冷気も避けられます。

寝起きの立ち上がりが楽

ベッドは座った体勢から立ち上がれるので、膝や腰への負担がかかりにくい点が魅力です。腰痛や膝痛をお持ちの方、起き上がりに負担を感じる高齢者の方でも、布団に比べ楽に起き上がれます。

通気性が良い

ベッドは床との間が空洞となる場合が多く、布団に比べ通気性が良い側面があります。通気性の良いマットレスと組み合わせることで湿気が溜まりにくく、夏も快適に眠れます。

片付けの手間がかからない

ベッドは起床後に布団を片付ける手間がかかりません。朝の忙しい時間帯でも、すぐに朝食や通勤・通学の準備に取りかかれるメリットがあります。また、家事やテレワークで疲れた場合、少し休みたい場合に気軽に横たわれる点も魅力の一つです。

ベッドのタイプとメリット・デメリット

一口にベッドといっても、脚付きベッドやフロアベッド、ローベッドなどさまざまなタイプがあります。ベッドを選ぶ際には、それぞれの特徴を知っておくと自分に合うベッドを選びやすくなります。

  • 脚付きベッド
  • フロアベッド
  • ローベッド
  • 収納ベッド(チェストベッド)
  • ロフトベッド
  • パイプベッド
  • ソファベッド
  • 折りたたみベッド

どのようなベッドがあるのか、タイプごとの特徴やメリット、デメリット、おすすめの方を見ていきましょう。

脚付きベッド

脚付きタイプは最もスタンダードなタイプのベッドです。ベッドフレームに脚が付いているため床と床板の間に空間があり、ベッド下を収納スペースとして使用できます。価格やカラー、デザインなど種類が多く、さまざまな部屋に合わせやすいタイプです。

脚付きベッドのメリットとデメリット

脚付きベッドはスタンダードなベッドで、床板にマットレスを載せて使用するベッドです。メリットとデメリットには以下のようなものがあります。

メリットデメリット
・通気性が良く、ホコリを感じにくい
・立ち上がりやすい
・ベッド下を収納スペースとしても使用できる
・種類が豊富
・脚の長さを考慮しなければ収納スペースとして使用できないことがある

脚付きベッドがおすすめの方

脚付きベッドは以下のような方におすすめです。

  • スタンダードなベッドをお求めの方
  • 部屋の湿気が気になる方
  • 収納スペースが欲しい方
  • ハウスダストアレルギーの方

脚付きベッドはローベッドと比較すると高さがあり、部屋の湿気が気になる方や収納スペースが欲しい方におすすめです。また、ハウスダスト対策にもなります。スタンダードなタイプのため、種類が豊富な点もメリットです。

ただし、ベッド下を収納スペースとして使用する場合は脚の長さを考慮する必要があります。

フロアベッド

フロアタイプは脚が付いておらず、床(フロア)に置いた床板をフレームで囲ってマットレスを置くタイプのベッドです。一般的な脚付きタイプと比較するとベッド全体の高さが低く、狭い部屋でも圧迫感が少ない特徴があります。

フロアベッドのメリットとデメリット

フロアベッドは床(フロア)との一体感が特徴です。フロアベッドには以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
・全体の高さが低く空間を圧迫しない
・小さい子どもが落ちてもケガをしにくい
・ベッド下を収納スペースとして使用できない
・ホコリを感じやすい

フロアベッドがおすすめの方

フロアベッドは以下のような方におすすめです。

  • 空間を広く見せたい方
  • 子どもと一緒に寝たい方
  • 寝相が悪い方

フロアベッドは床からの高さが低く、圧迫感がなく部屋の開放感を演出できます。そのため、狭い部屋にベッドを置きたい方におすすめのベッドです。

また、床が近く、子どもが落ちてもケガの心配が少なくなります。寝相が悪い方も比較的安心して眠れるベッドです。

ただし、床からの高さが低い分、ホコリを感じやすいためハウスダストアレルギーの方は注意が必要です。

ローベッド

ロータイプとは、床からマットレス天面までの高さが低いベッドの総称です。高さに明確な定義はありませんが、一般的にマットレス天面までの高さが20~30cm程度のベッドを指します。

ローベッドのメリットとデメリット

ローベッドも、フロアベッドと同様にベッド全体の高さが低い点が特徴です。ローベッドには以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
・空間を広く見せられる
・部屋に開放感が出る
・ベッドから落ちた時のリスクが低い
・ベッド下を収納としては使いにくい、ホコリを感じやすい
・ハウスダストアレルギーの方は注意が必要

ローベッドがおすすめの方

ローベッドは以下のような方におすすめです。

  • 空間を広く見せたい方
  • 寝相が悪い方
  • 布団と寝心地をあまり変えたくない方

ローベッドはベッドの高さが低いため、フロアベッド同様、空間を広く見せたい方、寝相が悪い方におすすめのベッドです。また、布団との高さが大きく変わらないので、ベッドを使用したいけれども、あまり布団との寝心地を変えたくない方にもおすすめです。

ただし、フロアベッドと同様にホコリを感じやすい側面があるため、ハウスダストアレルギーの方は注意が必要です。

収納付きベッド(チェストベッド)

収納タイプはベッド下に収納を備えたタイプです。引き出し収納が複数あるベッド(チェストベッド)や床板が跳ね上げ式になっており、ベッド下を広く収納に活用できるベッドなど、収納方法によりいくつかの種類があります。

収納付きベッド(チェストベッド)のメリットとデメリット

収納付きベッド(チェストベッド)のメリットとデメリットは以下のようになります。

メリットデメリット
・ベッド下を収納スペースとして使用できる
・収納BOXを新しく購入する必要がない
・圧迫感を覚えることがある
・収納部分に湿気が溜まりやすい

収納付きベッド(チェストベッド)がおすすめの方

収納付きベッド(チェストベッド)は以下のような方におすすめです。

  • 収納スペースが不足している方
  • 生活空間を有効活用したい方

収納付きベッド(チェストベッド)はベッドそのものに大きな収納スペースがあります。部屋があまり広くない場合に収納として活躍するタイプのベッドです。

ただし、収納部分は空気がとおりにくいため、湿気が溜まりやすくなります。

ロフトベッド

ロフトタイプは2階のロフト部分がベッドとなっており、ベッドの下を部屋の一部として有効活用できるタイプです。フレーム部分は金属製が一般的ですが、木製のものもあり、部屋の雰囲気に合わせて選択できます。

ロフトベッドのメリットとデメリット

ロフトベッドのメリットとデメリットには以下のようなものがあります。

メリットデメリット
・ベッド下の空間を有効活用できる
・暖かい空気は上に溜まるため、冬に暖かい
・天井の圧迫感がある
・落下のリスクがある
・夏は暑苦しくなる場合がある

ロフトベッドがおすすめの方

ロフトベッドは以下のような方におすすめです。

  • 部屋の空間を有効活用したい方
  • ワンルームなど使えるスペースに制限のある方

ロフトベッドも収納付きベッド同様、部屋の空間を有効活用したい方におすすめです。ただし、落下のリスクがあるなどロフト特有のデメリットがあるため、メリットとデメリットを考慮して選択しましょう。

パイプベッド

パイプベッドは金属製のパイプでフレームがつくられているベッドです。スチール製が多く、比較的簡素な作りとなっています。シンプルな構造から軽くて組み立てやすく、値段も安価な傾向があります。

パイプベッドのメリットとデメリット

パイプベッドのメリットとデメリットには以下のようなものがあります。

メリットデメリット
・通気性が良い
・比較的安価
・折りたためるものもある
・デザインがスタイリッシュ
・軋みが気になる場合がある
・ほかのベッドフレームと比較すると耐荷重が低い

パイプベッドがおすすめの方

パイプベッドがおすすめの方は以下のとおりです。

  • 湿気が気になる方
  • なるべく購入費用を抑えたい方
  • 金属製でスタイリッシュなデザインを好む方

パイプベッドはシンプルな構造で通気性が良く、比較的安価なため、湿気が気になる方や購入費用を抑えたい方におすすめです。ただし、耐荷重は約90kgが目安なため、大柄な方は購入する商品の耐荷重に注意しましょう。

ソファベッド

ソファベッドは、ベッドとしてもソファとしても使用できる2Way仕様のタイプです。リクライニングを上げるとベッドの一部が背もたれとなり、ソファとして使用できます。スペースを有効活用したい方におすすめのタイプです。

ソファベッドのメリットとデメリット

ソファベッドのメリットとデメリットは以下のようなものがあります。

メリットデメリット
・ソファとしても使用できるためスペースが空く
・急な来客に対応できる
・家具購入費を節約できる
・寝心地はほかのベッドよりも劣る
・お手入れがしにくい

ソファベッドがおすすめの方

ソファベッドは以下のような方におすすめです。

  • ソファとベッド両方を設置できるスペースがない方
  • 部屋を広く使いたい方

ソファベッドは1台でソファとしてもベッドとしても使用できるため、スペースのない方、部屋を広く使いたい方におすすめのベッドです。ただし、可動部分にくぼみがあり、眠る際に気になるなど、ほかのベッドと比較すると寝心地が劣る場合があります。

折りたたみベッド

折りたたみベッドは使用していない時に折りたたんでコンパクトに収納できるタイプです。ベッドフレームのみのタイプのほか、フレームにマットレスが固定されている一体型や移動しやすいキャスター付きなど、多くの種類があります。

折りたたみベッドのメリットとデメリット

折りたたみベッドのメリットとデメリットには以下のようなものがあります。

メリットデメリット
・スペースを有効活用できる
・移動やレイアウトがしやすい
・ベッド下の掃除がしやすい
・寝返りを打つ時に折り目の部分が気になり、寝心地が劣る場合がある
・耐久性に欠ける

折りたたみベッドがおすすめな方

折りたたみベッドは以下のような方におすすめです。

  • 転勤や引っ越しが多い方
  • 来客時にベッドを片付けてスペースを確保したい方

折りたたみベッドは簡単に移動でき、持ち運びがしやすいため、転勤や引っ越しが多い方にとって多くのメリットを感じられるベッドです。一方、寝心地や耐久性はほかのベッドと比較すると劣る部分があります。

ベッドの選び方

ベッドの選び方

ベッドを選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。ここでは、以下の4つの視点から自分に合ったベッドの選び方を紹介します。

  • 自分のライフスタイルに合わせて選ぶ
  • 部屋の広さに合わせて選ぶ
  • 手入れのしやすさから選ぶ
  • 機能性から選ぶ

自分のライフスタイルに合わせて選ぶ

ベッドを選ぶ際に、自分のライフスタイルは大切な視点です。例えば、引っ越しの頻度が多い方は、スタンダードな脚付きベッドだけではなく、持ち運びしやすい折りたたみベッドやパイプベッドも選択肢に入ります。

また、子どもを含めて複数の家族と寝る場合は、落下の危険を考慮してフロアベッドやローベッドの検討がおすすめです。特に小さいお子さんと寝る場合、フロアベッドやローベッドは上り下りがしやすく、ほかのベッドに比べ安全です。

部屋の広さに合わせて選ぶ

ベッドのタイプは、ベッドを置く部屋の広さを考えて選択しましょう。寝室が狭い場合や、6畳の部屋にクイーンサイズなどの大きめのベッドを置く場合は、高さの低いローベッドやフロアベッドが向いています。

ワンルームで一人暮らしする場合や部屋をさまざまな用途に使いたい場合などは、収納付きベッドやロフトベッド、折りたたみベッドなどが空間を有効活用しやすくおすすめです。

手入れのしやすさから選ぶ

脚付きベッドやパイプベッドであれば通気性が良く、ほかのベッドと比較してもカビやダニが発生しにくくなるため、お手入れが楽になります。また、折りたたみベッドは簡単に移動できるため、部屋の掃除をしやすいベッドタイプとなっています。

機能性から選ぶ

ベッドに収納機能を求める方は、収納付きベッドがおすすめです。1段の引き出しのあるものや複数の引き出しがあるもの(チェストベッド)、ベッドの床板を上げて収納できるもの(跳ね上げ式)などいくつかの種類があるため、自分に合った種類を選んでください。

ソファの機能を求める方は、ソファベッドがおすすめです。ベッドとソファをそれぞれに購入するよりも全体の費用が安くなるメリットもあります。

ベッドに合うマットレス選びも重要

質の高い睡眠には、ベッド選びとともにマットレス選びが重要です。マットレスがベッドに合っていなければ、せっかく自分に合ったベッドを選んでもベッドの良さを十分に引き出せません。

マットレスには大きくコイルマットレスとノンコイルマットレスの種類があります。以下で、それぞれに合うベッドタイプを紹介します。

コイルマットレスに合うベッドタイプとは

コイルマットレスは、通気性が良く厚みがあることが特徴です。基本的にはほとんどのベッドに合うマットレスとなっています。

特に、フロアベッドや収納付きベッドなど通気性が悪いベッドの場合、コイルマットレスと併用すると湿気の溜まりやすさが改善されます。

ただし、コイルマットレスは厚みがあり曲げられないものが多いので、折りたたみベッドやソファベッドにはあまり向かないタイプのマットレスです。

ノンコイルマットレスに合うベッドタイプとは

ノンコイルマットレスは薄く軽量で、お手入れや持ち運びが楽な種類が多いマットレスです。素材により、通気性が低いものもあります。

ノンコイルマットレスは持ち運びしやすいため、折りたたみベッドや高さのあるベッドにおすすめです。一方、マットレスの素材によっては通気性が低い場合があるので、フロアベッドやローベッドなどの通気性の低いベッドで使用する際は注意が必要です。

さまざまなベッドに合うNELLマットレス

具体的にどのマットレスを選べば良いか迷ってしまう場合は、NELLマットレスがおすすめです。コイルマットレスのため、さまざまなタイプのベッドでご使用いただけます。

NELLマットレスは一つひとつのコイルが独立したポケットコイルマットレスとなっていて、体圧分散性に優れている点が特徴です。寝ている時に体にかかる圧力(体重による負荷)を分散させ、快適な寝心地を提供します。

また、ふちにも硬めのコイルを配置し、座りやすい構造となっています。ワンルームではソファ代わりに使用でき、生活に自然と溶け込むマットレスです。

さらに、通気性が高く、防ダニ・抗菌・防臭機能を兼ね備えた高機能な綿生地「MIGHTYTOP® Ⅱ」を使用しているため、湿気が気になるフロアベッドやローベッド、収納付きベッドなどもより安心してご使用いただけます。

NELLマットレスの詳細は、以下の通りです。

NELLマットレス
上質な寝心地を実現するために、寝返りに特化したマットレス。


NELLマットレスの値段やコイル数は以下のとおりです。

値段(税込)75,000円/シングル
90,000円/セミダブル
105,000円/ダブル
130,000円/クイーン
150,000円/キング
コイル数1,173個/シングル
1,479個/セミダブル
1,734個/ダブル
1,989個/クイーン
2,397個/キング
送料無料
(沖縄県本島を除く)
返品(※)返品・全額返金可能
(商品到着後14日以降120日以内)
保証期間10年間

(※)最低14日間の試用が必要です

NELLマットレスは10年間の耐久保証がつき、120日の期間内であれば返品・全額返金が可能なフリートライアルを設けています。ぜひフリートライアルを活用し、ご自宅でNELLマットレスの快適な寝心地を体験してください。

まとめ

ベッドは布団に比べ高さがあるため、ホコリやハウスダストなどを吸い込みにくいメリットがあります。また、起床時に起き上がりやすく、腰や膝に負担があまりかからない点も魅力です。

ベッドにはフロアベッドや脚付きベッドなどさまざまな種類があります。スタンダードなタイプなら脚付きベッド、収納機能を求めるなら収納付きベッドなど、自分に合ったタイプのベッドを選択しましょう。

質の高い睡眠には、ベッドだけでなくマットレス選びも大切です。NELLマットレスは通気性・体圧分散性に優れており、気持ちの良い睡眠へと導きます。120日間のフリートライアルもありますので、ぜひこの機会にご検討ください。

ページのトップへ