NELL
  1. NELL
  2. WENELL
  3. 【医師監修】枕が高いと睡眠の質が低くなる?メリット・デメリットや選び方を解説!
2023.01.11 更新

【医師監修】枕が高いと睡眠の質が低くなる?メリット・デメリットや選び方を解説!

【医師監修】枕が高いと睡眠の質が低くなる?メリット・デメリットや選び方を解説!

夜はしっかり眠れているつもりなのになかなか疲れがとれないという場合、枕の高さが影響している可能性があります。

枕は睡眠の質に大きく影響を与えるものですが、どれくらいの高さの枕が睡眠に最適かについて、きちんと把握できていない方は少なくないでしょう。

また、睡眠の質を高めるためには枕だけではなく、マットレスにも注目することが重要です。

この記事では、枕の高さが高いことのメリット・デメリットや、自分に合った高さの枕やマットレスの選び方などについて説明します。

  1. 高い枕のメリット・デメリット
  2. 最適な高さの枕の選び方
  3. 立っている時と同じ姿勢で眠れる枕の高さ
  4. 後頭部の隙間が埋まるような高さ
  5. 頚椎(けいつい)を支えられる枕の高さ
  6. 枕の高さだけでなくマットレスが合っているかも確認しよう
  7. 自分に合ったマットレスをお探しならNELLがおすすめ
  8. まとめ

高い枕のメリット・デメリット

高い枕のメリット・デメリット

就寝時の体勢にもよりますが、低い枕より高い枕のほうが良いといわれています。しかし、高い枕にもメリットやデメリットが存在します。メリット・デメリットについて紹介します。

なお、枕の高さを低いと感じるか高いと感じるかは、体格や骨格などによっても異なるため、枕を選ぶ際は自身の体つきも踏まえて選ぶことが重要です。

高い枕のメリット
  • 横向きで寝る場合に肩への圧迫が少ない
高い枕のデメリット
  • 仰向けで寝る場合に首や肩のこりや痛みなどに繋がる
  • いびきをかきやすくなる
  • ストレートネックにも繋がる

高い枕のメリットとしては、横向きで寝る場合に肩への圧迫が少なくなり寝やすく感じることが挙げられます。そのため、普段横向きで寝ることが多い方であれば、高さが少し高めの枕を使用することが良いでしょう。

反対に高い枕のデメリットとしては、仰向けで寝る場合に筋肉に負荷がかかり、首や肩のこりや痛み、背中の張り、腰痛などに繋がることが挙げられます。

また、仰向け寝で枕の高さが高すぎると顎を引いた姿勢になりますが、その姿勢だと喉が圧迫されて気道が狭くなるため口が開いた状態になりやすいです。その結果、睡眠時に口呼吸が増え、いびきをかきやすくなります。

寝姿勢によって枕が睡眠に与える影響は異なりますが、枕が高すぎると前述したように首や肩のこり、痛みなどに繋がるだけでなく、首が前傾になるので「ストレートネック」にも繋がります。

人間の背骨はS字に湾曲している状態が正常であり、ストレートネックになると肩こりや頭痛・手のしびれやめまいなどの症状を引き起こす場合があります。

枕の高さはさまざまな影響を及ぼす可能性があることを念頭に置いたうえで、枕を選ばなければなりません。

長田夏哉

長田夏哉

田園調布 長田整形外科 院長

ストレートネックで悩んでいる方の場合、首にかかる負担を少なくすることが大切で、仰向けだけではなく横向きでも理想的な寝姿勢を維持できるかが枕を選ぶポイントとなります。

理想的な寝姿勢とは、仰向け寝で背骨がS字にカーブする状態がキープできていること、横向き寝では頭の中心と背中の中心がまっすぐになる高さとなることです。

このような理想的な寝姿勢となる適切な高さ、硬さ、反発力、素材、横幅の枕を使用しましょう。

最適な高さの枕の選び方

前述したように、理想的な枕の高さは体格や骨格、寝姿勢によって異なります。そのことを踏まえたうえで、自分に合った高さの枕を選ぶことが大切です。

自分に合った高さの枕を選ぶ際には、以下に挙げるような高さを意識すると良いでしょう。

  • 立っている時と同じ姿勢で眠れる枕の高さ
  • 後頭部の隙間が埋まるような高さ
  • 頚椎(けいつい)を支えられる枕の高さ

それぞれについて説明します。

立っている時と同じ姿勢で眠れる枕の高さ

立っている時と同じ姿勢を寝ている時にも保たれているのが、理想的な寝姿勢です。理想の姿勢になっているかどうかを確認する方法は寝方によって異なります。

仰向けで寝る場合は、寝たまま天井を見つめ、垂直よりもわずかに足側に目線が行っているかどうかをチェックしましょう。足側に目線が行っていれば、あごの角度が立っている時と同じような自然な角度に保たれていることになります。

目線が理想的な角度よりも下側であれば枕が少し高く、目線が少し上側であれば枕が少し低いです。

一方、横向きで寝る場合は、視線の向きから寝姿勢を判断するのは難しいです。家族などに協力してもらい、横から見た時に首と背筋がまっすぐな高さになっているかどうかを確認すると良いでしょう。

後頭部の隙間が埋まるような高さ

仰向けに寝た時をイメージしていただければわかるかと思いますが、枕がない状態で寝ると後頭部とベッドやマットレスの間には隙間ができます。枕はこの隙間が自然に埋まりしっかりと密着した状態になるのがちょうど良い高さとされています。

また、枕は頭を載せると多少なりとも変形しますが、頭が自然と沈み込み、かつ沈み込みすぎないほどの程良い硬さがあることも重要です。

頚椎(けいつい)を支えられる枕の高さ

立っている間に人の頭を支えるのは、頚椎(けいつい)と呼ばれる首の骨です。睡眠中、頭は枕によって支えられますが、その際に頚椎に負担が掛かることなく頭とともに枕に支えられることが大切です。

これは自分で感じてみなければわからないことでもあるので、実際に枕に頭をのせて頭と頚椎が枕によってしっかりと支えられている感覚があるかどうかを確認すると良いでしょう。

枕のような寝具は睡眠の質に大きな影響を与えるので、自分にとって適切な高さの枕を選ぶことが大切です。

長田夏哉

長田夏哉

田園調布 長田整形外科 院長

睡眠中に頚椎に負担が掛かっていると、首の筋肉が緊張した状態となるだけでなく、骨や椎間板にも影響が及びます。その結果、筋肉の凝りだけでなく、痛みやしびれなどの神経を刺激する症状を発症する可能性が高まります。

枕の高さだけでなくマットレスが合っているかも確認しよう

枕選びが睡眠の質に影響を及ぼすことは前述したとおりですが、それだけでなく、マットレス選びもまた、睡眠の質に大きく関わります。

自分に合った高さの枕を選んだとしても、マットレスが自分の体型や寝姿勢に合っていなければ、理想的な寝姿勢を維持することはできません。

マットレスは体全体を支えるので、自分に適したマットレスを選ぶことが大切です。結果として体の疲れが取れやすくなり、睡眠の質が高くなるでしょう。

自分に合ったマットレスをお探しならNELLがおすすめ

自分に合うマットレスをお探しの方には、NELLマットレスがおすすめです。NELLマットレスにはシングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングという5つのサイズがあり、そのなかから自分にぴったりのサイズを選べます。

NELLマットレスの詳細は、以下の通りです。

NELLマットレス
上質な寝心地を実現するために、寝返りに特化したマットレス。

 

サイズ95cm×195cm/シングル
120cm×195cm/セミダブル
140cm×195cm/ダブル
160cm×195cm/クイーン
190cm×195cm/キング
値段(税込)75,000円/シングル
90,000円/セミダブル
105,000円/ダブル
130,000円/クイーン
150,000円/キング
送料(※)無料
(沖縄県本島を除く)
返品返品・全額返金可能
(商品到着後 14日以降 120日以内)
保証期間10年間

(※)最低14日間の試用が必要です

NELLマットレスはサイズの豊富さだけでなく、品質にもこだわっています。一般的なマットレスに比べ約2倍の数のコイルを使用することで体圧分散性を高め、寝姿勢を最適な状態でキープします。

また、腰から背中部分を硬めに、それ以外の部分を柔らかめにした「センターハード構造」を採用することにより、自然でストレスのない寝返りをサポートします。

実際にNELLマットレスを使用している方からの、使い心地や寝心地の良さに関するレビューを紹介します。

ライトブルー

ポケモンマスター

「とても快適です。」

今まで感じたことがないくらい素晴らしい寝心地です。体に全く負担がなく、いつまでも寝ていられます。

ライトブルー

マキ

「ホテルのベットのような寝心地」

柔らかすぎず、硬すぎず。 程よい寝心地で、ずっと眠れてます!

ライトブルー

りん

「ふかふかなマットレス!」

かたすぎず、柔らかすぎず、ちょうどいい加減です。寝ていて、とても気持ちいいです。

「自分の体と合わなかったらどうしよう」と不安な方もご安心ください。NELLでは120日間のフリートライアル期間を設けています。もしも寝心地に満足ができなければ、全額返金のうえ送料無料で返品が可能です。

自分の体に合うマットレスをお探しの方は、ぜひNELLマットレスをお試しください。

まとめ

枕の高さは睡眠の質に直結するので、自分の体格や寝姿勢などを踏まえてぴったりな高さのものを選ぶことが重要です。

立っている時と同じような姿勢で寝られるかどうか、枕が頚椎をしっかり支えてくれている感覚があるかどうかなどを意識して枕選びをしましょう。

自分の体に合うマットレスをお探しの場合は、ぜひNELLマットレスをご検討ください。快適な睡眠をとるための一助となるでしょう。

この記事の監修者
長田夏哉
長田夏哉田園調布 長田整形外科 院長
田園調布 長田整形外科 院長。日本医科大学卒業後、慶應義塾大学整形外科学教室入局、慶應義塾大学病院、済生会神奈川県病院、大田原赤十字病院(現 那須赤十字病院)、川崎市立井田病院、川崎市立川崎病院 等にて勤務、川崎市立川崎病院 医長、田園調布 長田整形外科開設。

※医師が特定の商品を推奨しているわけではありません。

ページのトップへ