NELL
  1. NELL
  2. WENELL
  3. 寝る前におすすめの飲み物5選!就寝前に避けたほうが良い飲料も紹介
2022.04.08

寝る前におすすめの飲み物5選!就寝前に避けたほうが良い飲料も紹介

寝る前におすすめの飲み物5選!就寝前に避けたほうが良い飲料も紹介

眠る前に好きな飲み物を用意して、ゆっくりティータイムを楽しんでいる人は多くいらっしゃるでしょう。

しかし、飲み物のなかには、寝つきの悪さや睡眠の質の低下を引き起こす可能性があるものも存在するため、注意しなくてはなりません

スムーズに入眠して翌朝すっきり起きるためにも、就寝前に適している飲み物を知っておくことは重要です。

この記事では、寝る前におすすめの飲み物やその効果について解説します。寝る前にどんな飲み物を選べば良いのか気になる方は、ぜひ参考にしてください。

寝る前に飲み物を飲んだほうが良い理由

「夜中にトイレに行きたくなりそう」などの理由から、就寝前に飲み物を飲むのは控えているという方もいるかもしれません。

ですが、就寝前に飲み物を飲むことで得られるメリットはたくさんあるため、適量を守りながら、就寝前に飲み物を飲む習慣を取り入れることをおすすめします

就寝前に飲み物を飲んだほうが良い理由として挙げられるのは、水分補給をする目的体を温める効果などです。

冷たい飲み物だと体が冷えて血流が悪くなってしまうため、就寝前に冷たい飲み物を飲むのはできるだけ避けましょう。温かい飲み物を飲むことで体が温まって、睡眠へとスムーズに移行しやすくなります。

体温の上下に伴い眠気が促されるため、就寝前には一度体を温めておくことが大切です。寝る前には、コップ1杯分の温かい飲み物を飲むよう心がけてみましょう。

寝る前に温かい飲み物を飲むことによる3つの効果

寝る前に温かい飲み物を飲むと、以下のような効果が得られます。

  1. 水分補給
  2. 体を温める
  3. リラックス

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

①水分補給

人は就寝中にコップ約1杯分の汗をかくといわれているため、朝起きた時は多量の水分を失った状態となっています。

就寝中に脱水症状を引き起こさないためにも、寝る前にはしっかりと水分補給をしましょう。水分を十分にとっていないと、夜間熱中症に陥る可能性があります

夜間熱中症とは、夜に発症する熱中症のことです。だるさやめまい、発汗量の異常などの症状があらわれます。水分補給を怠ると、寝ている間に脱水症状を引き起こしてしまう恐れもあります。

②体を温める

前述のとおり、人間は体温が一旦上がってその後下降するタイミングで眠気が促されるため、寝る前に温かい飲み物を飲むことは、スムーズな眠りのためにも効果的です

体を温める方法として入浴も挙げられますが、なかには忙しくてゆっくりお風呂に浸かれないという日もあるでしょう。そんな時に温かい飲み物を飲むだけで、脳は「全身が温まった」と認識してくれます。

温かい飲み物を飲む方法は、忙しくて入浴時間をとれない方でも手軽に取り入れやすい方法です。

③リラックス

温かい飲み物や香りの良い飲み物には、リラックス効果があるといわれています。好みの味や香りの飲み物を用意して、就寝前のひと時をリラックスタイムにしましょう。

温かい飲み物を飲んで胃・腸・食道が温まると、働きが活発になったり血流が良くなったりする効果も期待できます。心が落ち着いた状態で眠りにつけるよう、ぜひお気に入りの飲み物を見つけてみてください

寝る前に飲み物を飲む際に気を付けたいポイント

就寝前には水分補給を行うことが大切ですが、とにかく何かを飲めば良いというわけではありません。飲み物を選ぶ際には、気を付けたいポイントもいくつかあります

  • 飲み物に含まれている成分をチェックする
  • 就寝の約1時間前から飲み物を飲む
  • 糖分を含む飲み物は虫歯に注意する

それぞれ詳しい内容について説明します。

飲み物に含まれている成分をチェックする

寝る前に飲む物を選ぶ時は、含まれている成分の確認を忘れないようにしてください。睡眠を促す効果が期待できる成分や、睡眠の質を向上させる成分を意識して摂取すると良いでしょう。

例えば、交感神経を抑制してくれる「アピゲニン」や、自律神経を整える「テオブロミン」などが含まれている飲み物がおすすめです。

一方、覚醒作用や利尿作用がある飲み物は、熟睡を妨げて睡眠の質を低下させる可能性があるため、避けたほうが良いといえます

就寝の約1時間前から飲み物を飲む

より良い睡眠をとるためには、就寝1時間前くらいからゆっくりと過ごすことが理想的です。就寝直前の激しい運動や熱いお風呂への入浴はもちろん、パソコンやスマホの操作も控えることをおすすめします。

就寝直前までスマホ操作などをしていると、ブルーライトによって脳が覚醒して睡眠の質が低下する可能性があるため注意してください。

こうして空いた時間を、温かい飲み物を飲んでリラックスする時間にあてると良いでしょう。飲み物を飲む時は、一度にたくさんの量をがぶ飲みするのではなく、少量ずつ時間をかけて飲むことが大切です。

糖分を含む飲み物は虫歯に注意する

食後の歯磨きを終えたあとに飲み物を飲む場合、再び歯磨きをすべきか悩む方もいるかもしれません。結論として、白湯のように糖分を含まないものであれば、虫歯にはならないといわれています

しかし、糖分は含まれていなくてもステインが含まれていれば、歯の黄ばみや着色汚れの原因になるため、歯磨きしてから寝たほうが良いといえるでしょう。

また、牛乳や砂糖が含まれる飲み物を飲んだ時には、虫歯リスクを高めないために必ず歯磨きをしてから就寝しましょう。

寝る前におすすめの飲み物5選

寝る前におすすめの飲み物5選

寝る前に何を飲もうか迷っている方のために、おすすめの飲み物を5つ紹介します。用意しやすい飲み物ばかり集めたので、飲み物選びに困っている方はぜひ試してみてください。

  • 白湯
  • ホットミルク
  • ホットジンジャー
  • ルイボスティー
  • カモミールティー

それぞれの飲み物の特徴や、おすすめポイントを解説します。

白湯

白湯とは、何も入っておらず一度沸騰させただけのお湯のことを指します。単なる「お湯」との違いは、「沸騰させているか」という点です。

白湯の作り方は簡単で、やかんや鍋に水を入れて火にかけ、10~15分ほど沸騰させます。はちみつを入れたりレモンを絞ったり、気分に合わせてアレンジを楽しむのも良いでしょう。

適温まで冷まし、ゆっくりと時間をかけて白湯を飲めば、身体がしっかりと温まります

ホットミルク

牛乳には、睡眠を促す働きを持つ「トリプトファン」というアミノ酸が含まれており、牛乳に含まれるカルシウムには、活動モードの「交感神経」の働きを抑える効果があるとされています。

牛乳をレンジで温める際にはラップをかけて、鍋で温める際にはかき混ぜながら作りましょう。吹きこぼれてしまうと、火傷してしまうリスクがあるため、沸騰させすぎないよう注意してください。

また、牛乳には脂質が含まれているため、消化に時間がかかる場合もあります。人によっては、就寝前に飲む飲み物として適さない場合もあることは覚えておきましょう

ホットジンジャー

ホットジンジャーとは「生姜湯」のことです。生姜は身体を温める代表的な食材で、新陳代謝を促し、身体を温める効果が期待できます

生姜を都度すりおろしても良いですが、ジンジャーシロップを作るか買っておくと、気軽に作れるためおすすめです。

ルイボスティー

ルイボスティーとは、南アフリカで採れる「ルイボス」というマメ科植物から作られるお茶のことです。ややクセのある味わいですが、ノンカフェインなので就寝前にもおすすめです。

味が苦手な場合は、ドライフルーツを少し入れると飲みやすくなります。みかん、りんご、ラ・フランスなど、さまざまなアレンジを楽しんでみてください

カモミールティー

カモミールとは、ヨーロッパ周辺などが原産のキク科の植物のことで、ドイツをはじめとした海外では薬用として活用されています。

ハーブティーの1種であるカモミールティーは、ノンカフェインなので寝る前にも飲みやすいでしょう。

カモミールには身体を温める作用だけでなく、発汗作用消化を促進させる効果もあるとされており、リラックスしたい時にもぴったりな飲み物です

寝る前に飲むのは避けたほうが良い飲み物

就寝前にはリラックスした状態でいることが大切なので、体や脳に刺激を与える飲み物は避けることをおすすめします

寝る前におすすめできない飲み物として挙げられるのは、以下のとおりです。

  • カフェインを含む飲み物
  • アルコール類

なぜおすすめできないのか、それぞれ理由を解説します。

カフェインを含む飲み物

カフェインには覚醒作用があり眠気を遠ざけてしまうため、就寝前にカフェインを含む飲み物を飲むのは避けるようにしましょう
カフェインを含む飲み物には、以下のようなものがあります。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • 栄養ドリンク
  • エナジードリンク

カフェインには利尿作用もあるため、過剰に飲み過ぎると夜中トイレに行きたくなって起きてしまう可能性もあります。

カフェインを含む飲み物は、飲むタイミングに気を配るようにしてください。

アルコール類

アルコールを飲むと一時的に眠くなることもありますが、時間が経って酔いが醒めると眠りが浅くなり睡眠の質が低下してしまいます。

一旦眠気が促されるからといって、睡眠改善の目的でアルコールを摂取するのは良くありません。飲む量がどんどん増えていくと、依存症に繋がる可能性もあるため注意が必要です。

また、カフェインと同様、アルコールにも利尿作用があるため、トイレに立つ回数が増えて熟睡しづらくなるうえに、脱水症状になる可能性もあります。

なかには「寝酒」が習慣になっている方もいるかもしれませんが、就寝前のアルコールは控えるようにしましょう

まとめ

就寝前に飲む飲み物と睡眠とは密接な関係にあるため、何を飲むかということは重要です。

何でも良いだろうと選ぶのではなく、飲み物に含まれる成分や飲むタイミングに注意しながら、就寝前の飲み物を選んでください。

アルコールやカフェインの入った飲み物は避け、白湯やホットジンジャーなどがおすすめです。

就寝する約1時間前からはスマホなどの操作をやめて、温かい飲み物を飲んでリラックスし、質の良い睡眠をとるよう努めましょう

ページのトップへ